Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ダイハツ|DAIHATSU
  4. タフト

火曜カーデザイン特集:話題のダイハツ・タフト 開発時の狙いはこんな形!? 【東京オートサロン2021】狙いはスズキ・ジムニー!? ダイハツ・タフト・クロスフィールドVer.の本音

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オートサロン2021に出るはずだったすごいモデル、そのもう1台がダイハツ・タフト・クロスフィールド Ver. こんなごっついモデルになるのか! と驚きの反面、実はこんな形を目指していたのでは? と思えるほどに、力の入った車なのだ。ここではそんなあたり、ちょっと見てみよう。

この迫力! ライバルってスズキ・ジムニーか!?

 やっぱり気持ちはそうだったのかな? と思うのが、このカスタマイズされたタフト・クロスフィールドVer.だ。やはりダイハツとしても、ヘビーデュティなSUVが欲しいところ。
 とはいえ、ジムニーほどのモデルが必要だろうか? というのは開発の段階では悩むところだったのかもしれない。現在のクロスオーバーSUVブームを考えても、徹底したオフロードモデルよりは、普段は手軽で、週末にはキャンプやスキーなどにも便利なものがいい。そんな、ある程度ライトな感覚も取り込んでいくと、現在のタフトはドンピシャな存在となっているはず。

 しかしそんな中でも、もうちょっとヘビーなところまでイメージしていたんですよ……、的な考えをアピールしたのが、このショーモデルなのだと思う。
 機能性を高めるため、バンパー下をカット。リフトアップと大径タイヤの採用によって、ここまで変わる! をアピール。アニマルバー的なフロントのガーニッシュも冒険心をくすぐる。

 インテリアはまったくのほぼ吊るし(ノーマル)のまま。インパネ周りのカラーパネルが、エクステリアカラーと同色のイエローになった程度。あまり変えないまま登場してきたのは、それだけノーマルでも冒険心溢れるものだったという証拠だと思う。
 

こちらがオリジナルのタフト。見比べると、バンパー周りの違いが良くわかる。

実は冒険心あるれる仕様もすでにラインアップ

 とはいえ、ノーマルモデルだけを見ているとわからないが、このクロスフィールドVer.には、ショー用の専用パーツだけでなく実際にディーラーで市販されるようなオプションパーツも採用されている。


そこでちょっと注目したのが、パッケージオプションの存在。オプションカタログにあるアナザースタイルパッケージは、オプション装備をパッケージして仕立てたモデル。

オートサロン用のカスタマイズにしないまでも、実際には下の写真のように、ノーマルとはちょっと違うアウトドアスタイルにすることも可能。これ以外にも、アーバンなスタイルなど多くの提案があり、タフトの世界はオプションパーツでかなり広がるらしい。
 

マッドスタイル/アナザースタイルパッケージ パワフルでヘビーデュティな装い。ホイールも力強い。
チルアウトスタイル/アナザースタイルパッケージ あえてのスチールホイールで、ライトで気楽なオフスタイルに。

 オートサロンは、アフターパーツマーケットのためのショーと考えがちだが、こうしたメーカーから登場させるモデルは、市販車ではやりきれなかった本音のコンセプトを見せてくれる場合も多い。
 そんな観点から、どんな思いで開発されたのか? をじっくりと考えてみる上でも、非常に興味ふかいショーなのだ。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ