Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. リーフ

日産自動車と阿蘇市(熊本県)が環境にやさしい電気自動車を活用した観光活性化に向け「電気自動車優遇施策」を4月1日より開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月25日、阿蘇市(熊本県)は環境にやさしい電気自動車で阿蘇市の主要な観光地に訪れた際に受けられる電気自動車優遇策を、4月1日より開始すると発表した。また、日産自動車は、電気自動車の普及を通して、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決に取り組む日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」推進のもと、地元の販売会社とともに阿蘇市と協力し、同施策のPRを行う。

電気自動車の普及と阿蘇市の観光活性化に取り組んでいく

2021年4月1日より阿蘇市でスタートする電気自動車優遇策は、対象となる駐車場の無料化、有料道路代金の割引などといった電気自動車にのみ適用される施策。阿蘇市と日産グループは、この優遇策が阿蘇市内外に広く認知されることにより、さらなる電気自動車の普及を目指して連携を深め、阿蘇市の環境負荷低減と2016年4月に発生した熊本地震からの復興に取り組んでいく。

日産リーフ

阿蘇市は、かねてよりSDGsの推進に積極的で、自然、観光などをはじめ、SDGsの各ゴールに結び付けた施策を実施している。今回の電気自動車優遇施策は、電気自動車の普及促進による温室効果ガスの削減、観光の活性化などを目的に設定された。

一方、日産自動車は、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を発表し、その活動を牽引するリーダーとして、全国の自治体や企業と協力して、電気自動車普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでおり、「ブルー・スイッチ」活動の推進は、温暖化対策、防災・減災、エネルギーマネジメント、観光、過疎化などの地域課題の解決、SDGsの達成に貢献している。またwithコロナ時代において、プライベートな空間が確保できる移動手段としての視点も含め、二酸化炭素排出ゼロである電気自動車の観光地での活用法も訴求。さらに、熊本日産グループでは、2014年5月に阿蘇の観光の新たな魅力づくりや阿蘇地域の環境を守る目的に、「阿蘇をEVの聖地に!!プロジェクト」を発表し、取り組みを進めている。

阿蘇市が推進する環境対策やSDGsの推進、日産自動車が推進するブルー・スイッチ」活動」、また、「阿蘇をEVの聖地に!!プロジェクト」のさらなる推進に向け、両社は、電気自動車の普及と阿蘇市の観光活性化に取り組んでいく方針だ。

カーボンニュートラルに向けた各種サービス一覧

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ