Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

【プロが選ぶ最強のお買い得車|スズキ・ジムニー】ローレンジが付いて悪路もOK。「安い!」としか言い様がない

このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキ・ジムニー

元自動車メーカーの開発者であり、メカニズムに滅法詳しい自動車ジャーナリストの安藤眞さんが選んだ「最強のお買い得車」は、マツダCX-8、スズキ・ジムニー、ルノー・トゥインゴの3台。先代ジムニーを所有していた安藤さんだが、新型も機能を考えれば「安い!」としか言い様がないと称える。

TEXT●安藤眞(ANDO Makoto)

1台目:マツダCX-8|299万4200円-483万4500円

「300万円以下から買えるとは思えない堂々とした存在感!」

実車を見て価格当てクイズをしたら、ほとんどの人が高いほうに外しそうなのがマツダCX-8。堂々とした体躯や上品なエクステリアからは、スタート価格が300万円を切っているとは思えないだろう。

特に本革シートを装備するLパッケージは500万以上しそうに見えるが、2.5Lのガソリンエンジン仕様なら、4WDでも420万円少々、2.2Lクリーンディーゼル4WDでも約460万円だ。

ナッパレザー仕様のエクスクルーシブモードになると、ディーゼル4WDでほぼ500万円になってしまうが、表皮を触ってみれば納得の仕上がり。所有する満足度を考えれば、コストパフォーマンスは高いと言える。

マツダCX-8の特別仕様車「エクスクルーシブモード」。19インチアルミホイールのデザイン変更、フロントバンパー下部のガーニッシュ追加、ワイド感の増したテールパイプなどが加わって価格は476万3000円〜。
エクスクルーシブモードのシート表皮はナッパレザーで、カラーは赤褐色(写真)と白色が選べる。サイド部にはキルティング風加工が施されるこだわりぶり。

2台目:スズキ・ジムニー|148万5000円-187万5500円

「リセールバリューも期待大。コスパは軽自動車の中でも最強!」

ジムニーより台数が出るハスラーのターボ4WDが約160万円〜175万円ということを考えると、ローレンジが付いてオフロード(路外)も走れるジムニーが180万円前後というのは、「安い!」としか言い様がない。

しかも並の軽自動車なら、5年も乗ったらリセールバリューは期待できないが、ジムニーならば、10年乗ってもそれなりの値段が付く。手放すときに戻ってくる分まで考えるなら、コスパは軽自動車最強なのではないか。

ちなみに、リセールバリュー込みならば、後継機種なく生産終了したS660が最強だと思うけど、すでに完売だそうです。

スズキ・ジムニーは最廉価グレードのXGが148万5000円から、中間グレードのXLが161万1500円から、セイフティサポートが標準の最上級グレードXCが177万6500円から。
トランスファーレバーにより、走行状況に応じて2WDと4WD高速、4WD低速を切り替えられる。

3台目:ルノー・トゥインゴ|181万5000円-213万5000円

「輸入車では最安で手に入るミッドシップカー。新社会人にもピッタリ!」

スタート価格は181万5000円と、新車で手に入る輸入車としては最安なのがルノー・トゥインゴ。加えてミッドシップの後輪駆動と、コンパクトカーとして唯一無二のパッケージングを持つ。

一般ユーザーならAT(DCT)仕様を選ぶと思うが、それでも204万5000円と、国産コスパ王のスズキ・スイフトスポーツと同等だ。スイスポのほうが速いし、後席も広く融通が利くけれど、走りの楽しさならトゥインゴも負けていないし、最小回転半径4.3mという超絶小回り性能は、普段使いでも十分メリットが味わえる。特にフル転舵でバックすると、笑っちゃうほど小回りが利く。

メンテ費用は国産車より多めにかかるかも知れないけれど、リセールバリューで相殺可能だと思う。新社会人が自分の給料で買う1台目には、ピッタリなクルマではないかな。

こちらはルノー・トゥインゴの特別仕様車「バイブス」。オレンジ(写真)、白、黒の専用色や専用サイドストライプ、専用ホイールなどが装備される。
トゥインゴ バイブスの内装。オレンジの内装トリムがチャームポイントだ。

『プロが選ぶ最強のお買い得車』は毎日更新です!

予算に限りがある庶民にとって、車選びの際にこだわりたい要素が「コストパフォーマンス」。つまり、その車がお買い得かどうか、ということ。ただ安ければいいというわけではありません。ポイントは「値段と性能が釣り合っているか」。だから、価格が安い軽自動車だからコスパがいいとは限りませんし、1000万円以上のスーパーカーだってその価格に見合う機能や魅力があればお買い得と言えます。

というわけで、自動車評論家・業界関係者といった「クルマのプロ」たちに、コストパフォーマンスが高い「お買い得」な新車を3台ずつ、毎日選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ