MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 世界初!? M'zスピードの新作エアロは3Dプリンター製!!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

世界初!? M'zスピードの新作エアロは3Dプリンター製!!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
これまでのエアロパーツはベースになる型にFRPを貼り付けて製作する手法が中心だけど、M'zスピードが今回発表した新製品は、なんと3Dプリンターを使った新製法によるものだ。
基本となるのはFRP製とおなじように樹脂だけど、ガラス繊維を使わないのが特徴のひとつ。さらに金型を使わないし、機械による精密な削り出しにより複雑なデザインを作り出せるのがメリットになる。3Dプリンターを使ったエアロパーツの設計と製造、これからのトレンドになりそう!

FRPの場合、貼り合わせたガラス繊維に樹脂を流して成形する。ところが3Dプリンターの場合はベースとしてガラス繊維を使わないため、強度面ではすこし不安が残るところ。そこで裏側には骨組みのようにリブが作っていて、樹脂のみでも実用性に耐えうる強度が実現できているのがポイントだ。曲面を組み合わせた複雑な形状も自在に作れるそうなので、今後はさらにトンガッたデザインのエアロも期待できそう。

3Dプリンターによる新作エアロを装着しているのは「Prussian Blue LEXUS LC」と「LUV LINE GLC Coupe」の2台だ。ホール8のM'z SPEEDブースで、この斬新な製法によるシャープなエアロの造形をチェックしてみよう!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る