東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 3ピース&20インチのWORKエモーションのド迫力!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • Dee’s Club

3ピース&20インチのWORKエモーションのド迫力!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワークのスポーツ系ブランドホイールといえばワーク・エモーション。17~18インチを中心に、サーキットアタックやドリフト、ストリートなどステージを問わず人気のこのホイールに、ついに20インチがラインアップ! さらに昨年のSEMAショーでアメリカ先行デビューした3ピースも、ついに日本で発売開始。スポーツカーだけじゃなく、スポーティにキメたいセダンなどをターゲットにした追加サイズだ!

どんなにスポーツ性能を追求するホイールでも「え? それ3ピースじゃないの?」と言われてしまうのがアメリカというお国柄。リアルなピアスボルトがあることが重要なんだそうで、溶接される2ピースですら人気がイマイチという。


そんな「軽量<ルックス」という構図が成り立つアメリカ市場向けに発売されたのが「ワーク・エモーションCR3P」というワケ。リムが深いエモーションCRという、今までありそうでなかった組み合わせは現地で大人気。そして国内でも発売してほしいという声に応えての登場となったんだ。

こちらはエモーションM8Rに追加サイズとなった20インチ。この画像だけじゃ17インチとかと変わらないじゃん…と思われるでしょうけど、ビミョーに長いスポークでなんとかご理解いただきたい! できたてホヤホヤなので装着車両がありません!

でも、もしアタナがホール8のワークブースに行けるなら、20インチの大迫力をぜひご堪能くださいね。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る