東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > エアロにチョイ足しでEDGEが冴える!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/14
  • Dee’s Club

エアロにチョイ足しでEDGEが冴える!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
エッジカスタムズは、岐阜で生まれた(ショップ“ラグジュアリー”が設計販売)、ダッジチャレンジャーをはじめ、エクスプローラーやマスタングのためのボディキットをリリースしている新進気鋭のブランド。X5で賞を獲得するなど、すでに国内外から評価も高い。オートサロンには3台のチャレンジャーを出展していたんだけど、当サイトが注目したのは独特な形状のカナードだ。レーシング志向とはちがう発想が斬新!

搬出直前の画像でスイマセン! でも、こんなかんじのほうがストリートのイメージが湧くでしょ? 構成パーツはグリル、リップ、サイドステップ、前後フェンダーパネル、トランクスポイラーで、ここにカナードがチョイ足しされている。ウニョンと跳ねあげられたパーツがそれだ。タイムアタックマシンのそれとは形状がだいぶちがうよね。

ワイドフェンダーの形状が下部をズバッとカットした形状なので、このカナードがつくことで面の連続性を作り出すのだ。塗りわけのおかげでカナードの形状が引き立っているね。お値段は前後とも5万円なり(FRP製品)。

こちらはトランクスポイラーで6万円(FRP製)。エッジが効いたデザインがEDGE CUSTOMSの名にふさわしい! ちなみにコンプリートセットだと30万円です!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る