ヨンフォアの398cc版!ホンダCB400FOUR-Ⅰ・Ⅱの1/12プラモデル登場

プラモデル、ミニカー、ラジコンカー、カプセルトイなどでおなじみの「AOSHIMA(株式会社 青島文化教材社)」から、1976年(昭和54年)に登場した名車・ホンダCB400FOUR-Ⅰ/Ⅱを1/12スケールに凝縮したプラモデルが登場。セミフラットハンドルを採用したCB400FOUR-Ⅰと、スタンダードハンドルを採用したCB400FOUR-Ⅱにスタイル変更可能。2022年1月発売予定。
REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)

ザ・バイクシリーズ No.28 ホンダCB400FOUR-Ⅰ・Ⅱ 3960円(10%消費税込) 2022年1月発売予定

写真はアップ型のスタンダードハンドルを装備したホンダCB400FOUR-Ⅱの1/12スケールモデル。

 1974年(昭和49年)12月に発売された、400cc4気筒エンジン搭載の先駆け的モデル・ホンダCB400FOUR。美しい集合マフラーを採用したCB400FOURは、別名「ヨンフォア」と呼ばれ、今でも伝説的なモデルとしてリスペクト。中古車市場では、数百万円は当たり前の、超々お宝モデルとして君臨している。

 エンジンは空冷4ストロークSOHC直列4気筒408cc。 発売翌年の1975年(昭和50年)、運転免許制度が改正され、バイクの免許は125cc未満の小型限定免許、400cc未満の中型限定免許、オーバー400ccの限定解除免許に分類。それに伴い、1976年(昭和51年)、398ccモデルの「CB400FOUR-Ⅰ」と「CB400FOUR-Ⅱ」が発売された。

 398ccモデルは、ボア径(51.0mm)はそのままに、ストロークを50.0mmから48.8mmに短縮化。エンジン回転数を上げてパワーを稼ぐ、高回転型のショートストローク型に設定されているのがポイント。これに伴い、最高出力は37ps/8,500rpm→36ps/8,500rpm、最大トルクは3.2kg-m/7,500rpm→3.1kg-m/7,500rpmにダウンされた。

 燃料タンクと同色だった左右サイドカバーを、398ccはブラックアウト化。タンクカラーはレッドを継続生産。ブルーは廃止され、イエローへと変更された。

 なお、CB400FOUR-Ⅰはコンチネンタルなムードを持ち、コーナリングを初めとしてスポーツ走行が楽しめるフラットハンドル。CB400FOUR-Ⅱはオーソドックスなスタイルでロングツーリングに適し、市街地走行など低速時の取り回しも容易なスタンダードハンドルを採用。

 新発売の「ザ・バイクシリーズ」は、398cc版のCB400FOURを1/12スケールで忠実に再現したプラモデル。フレームマウント化されたタンデムステップやサイドカバー、PVC素材を使用したシート、金属製スプリングなど、各部をリアルに表現している。

 シリンダーフィンは本物の造形に近付けるため、積層組み立て式を採用。フラットハンドルを採用したCB400FOUR-Ⅰと、スタンダードハンドルを採用したCB400FOUR-Ⅱの2スタイルを選択可能。

商品詳細

ブランド:AOSHIMA
仕様:プラモデル
シリーズ:ザ・バイク No.28
スケール:1/12
発売月:2022年1月発売予定
価格:3960円(10%消費税込)
JANコード:4905083063859
発売元:株式会社 青島文化教材社
オフィシャルサイト:
https://www.aoshima-bk.co.jp/
≪注意≫
※写真は試作品。実際の商品とは仕様が異なる場合があります。

こちらは本物のCB400FOUR-Ⅱ。アップ型のスタンダードハンドルを採用。ハンドル幅は780mm、ハンドル高は約111mm。
こちらは本物のCB400FOUR-Ⅰ。スポーティーなフラットハンドルを採用。ハンドル幅は705mm、ハンドル高は約40mm。
こちらは1974に発売された408cc版のホンダCB400FOUR。サイドカラーはガソリンタンクと同色。ハンドルはフラット型。
ブルーカラーのホンダCB400FOUR。398cc版ではブルーカラーは廃止された。

ホンダCB400FOUR 主要諸元

※カッコ内は398cc版のFOUR-Ⅰ・Ⅱ
全長x全幅x全高:2050mm x 705mm x 1040mm
ホイールベース:1490mm
シート高:1355mm
排気量:408cc(398cc)
エンジン形式:空冷4ストロークOHC8バルブ直列4気筒
内径x行程:51.0mm x 50.0mm(51.0mm×48.8mm)
圧縮比:9.4:1
最高出力:37ps/8500rpm(36ps/8500rpm)
最大トルク:3.2kg-m/7500rpm(3.1kg-m/7500rpm)
始動方式:セル・キック併用
変速機:6速リターン式
サスペンション:前 テレスコピック式 後 スイングアーム式
ブレーキ :前 油圧式シングルディスクブレーキ 後 ドラム
乗車定員:2人
燃料タンク容量:14L

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭