【実走燃費29.7km/L】大きすぎず両足べったり、理想のサイズ感。|ホンダ・レブル250試乗

ホンダのクルーザーモデルとして根強い人気を獲得しているレブル250。シンプルなデザインの中に異色なセンスを込めたフォルムはそのままに、灯火器のフルLED化や細部の熟成と車種の追加も含め、マイナーチェンジされて新登場3月19日から新発売されている。

REPORT●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
※2020.10.2 一部記事内容を修正しました。
取材協力●株式会社 ホンダモーターサイクルジャパン

※2020年10月1日に掲載した記事を再編集したものです。
価格やカラーバリエーションが現在とは異なる場合があります。

ディテール解説

ホンダ・レブル250
丸型ヘッドランプは初代モデルと同じだが、光源のLED化で凸レンズランプ4灯が組み込まれている。ロービームは上段の2灯が点灯。ハイビームにすると全4灯同時点灯になる。
ホンダ・レブル250
SHOWA製フロントフォークはφ41mmの正立式。太いタイヤはインドネシアのダンロップ製D404を履く。リジッドマウントされたシングルディスクローターには、NISSIN製2ピストンのピンスライド式油圧キャリパーを装備。
ホンダ・レブル250
ブラックアウトされた249cc単気筒エンジンは、右サイドカムチェーン方式のDOHC4バルブ。中低速を重視した出力特性は実用域で扱いやすい。
ホンダ・レブル250
軽くアップしてフィニッシュするφ120mmのブラックマフラーは、2チャンバー構造。第1室目に排出ガスを浄化するキャタライザーが入れられている。
ホンダ・レブル250
黒いダブルピッチスプリングが組み込まれたSHOWA製リヤショックは窒素ガス封入式。スイングアームはφ45mmのスチールパイプ製。
ホンダ・レブル250
リヤにはダンロップ製D404を履く、150/80-16インチのチューブレスタイヤだ。シングルディスクブレーキには、NISSIN製1ピストンピンスライド式油圧キャリパーを採用。
ホンダ・レブル250
黒いパイプバータイプのアップハンドルを装備。センターにシンプルなφ100mmシングルメーターを装備。
ホンダ・レブル250
ハンドル左側スイッチは、縦一列に3種類をレイアウト。下から順にプッシュキャンセル式ウインカースイッチ、ホーンボタン、上がディマースイッチで、下側を押すとパッシングスイッチとしても機能する。
ホンダ・レブル250
ハンドル右側スイッチも縦一列に3種類をレイアウト。下から始動用セルスタータースイッチ、ハザードランプスイッチ、上がエンジンキルスイッチだ。
ホンダ・レブル250
表示部のデザインが一新されたモノクロ反転液晶ディスプレイ。ウインカーパイロットは左右それぞれ独立式になった。ギヤポジションや燃費表示、デジタル式クロックもあるが、回転計は無い。
ホンダ・レブル250
イグニッションキーはフレーム左脇のタンク下側にある。今は珍しい位置だが、大昔は普通の事だった。自然と手が届く位置にあり、慣れると意外と扱いやすい。
ホンダ・レブル250
固定式ダブルのセパレートシート。フロントは鞍型デザイン。ライダーはどっかりと体重を預ける感じになる。
ホンダ・レブル250
初代モデルより低い位置にセットされたテールランプ。丸型になったウインカー共々、フルLED化されている。
ホンダ・レブル250
くびれたフレームワークが印象的。車体はスマート。ワイドなステップでライディングポジションはゆったりしている。
合わせて読みたい
バイク事故を低減する新技術|業界初のARAS用4Dイメージングレーダーソリューションがもたらすバイクの未来像|Vayyar

主要諸元

Rebel250〔 〕内はS Edition
車名・型式:ホンダ・2BK-MC49
全長(mm):2,205
全幅(mm):820
全高(mm):1,090
軸距(mm):1,490
最低地上高(mm):150
シート高(mm):690
車両重量(kg):170 〔171〕
乗車定員(人):2
燃料消費率(km/L):46.5(60km/h)〈2名乗車時〉
WMTCモード値(km/L):34.1〈1名乗車時〉
最小回転半径(m):2.8
エンジン型式:MC49E
エンジン種類:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm3):249
内径×行程(mm):76.0×55.0
圧縮比★:10.7:1
最高出力(kW[PS]/rpm):19[26]/9,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):22[2.2]/7,750
燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式★:セルフ式
点火装置形式★:フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式★:圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L):11
クラッチ形式★:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:常時噛合式6段リターン
変速比:
 1速 3.416
 2速 2.250
 3速 1.650
 4速 1.350
 5速 1.166
 6速 1.038
減速比(1次/2次):2.807/2.571
キャスター角(度):28゜00′
トレール量(mm):110
タイヤ(前/後):130/90-16M/C 67H / 150/80-16M/C 71H
ブレーキ形式(前/後):油圧式ディスク / 油圧式ディスク
懸架方式(前/後):テレスコピック式 / スイングアーム式
フレーム形式:ダイヤモンド

製造国:タイ 

試乗後の一言!

ホンダ・レブル250
近田茂
風を浴びて走る気持ち良さを再認識させられました。

著者プロフィール

近田 茂 近影

近田 茂

1953年東京生まれ。1976年日本大学法学部卒業、株式会社三栄書房(現・三栄)に入社しモト・ライダー誌の…