125ccって素晴らしい。|ホンダ CT125ハンターカブで、街中もダートも走ってみた。

人気絶頂のCT125ハンターカブは「カブ」ならではの実用性と遊び心を兼ね備えた遊べるコミューターとして人気絶頂のCT125ハンターカブ。あらためてその魅力を探るため、街中からワインディング、林道を走り回ってみた。
REPORT●ケニー佐川(SAGAWA Kentaro)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

※2020年9月25日に掲載した記事を再編集したものです。
価格やカラーバリエーションが現在とは異なる場合があります。


ホンダCT125・ハンターカブ

ホンダCT125・ハンターカブ……440,000円(消費税込)

ホンダCT125・ハンターカブ
ホンダCT125・ハンターカブ
ホンダCT125・ハンターカブ

マシン解説

カブシリーズ随一の豪華装備

 まず基本知識として、ハンターカブCT125のベースとなっているのは豪華カブことスーパーカブC125である。元々しっかり作られたラグジュアリーな車体を不整地走行にも耐えられるようにフレームを再設計。特にステムまわりは通常のバイクと同じトップブリッジ方式とし、スイングアームピボット周りも補強を入れ、リヤフレームも荷物満載を想定して強化されるなど骨格そのものをタフ仕様に改造されているのがポイント。さらに、前後サスも専用タイプとして最低地上高を稼ぐとともに伝統のアップマフラーを装備するなどダート仕様になっているのが特徴だ。また、ブレーキまわりも前後ディスクタイプにABSを標準装備。LEDヘッドライトにフルデジタルメーターを採用するなど、数あるカブシリーズの中でも最もハイグレードな装備を誇っている。

ホンダCT125・ハンターカブ

試乗インプレッション

回転数を感じながらギヤチェンジする楽しさ

 跨った瞬間のイメージはオフ車に近い。高めでワイドなハンドルバーや上体が直立したライポジなどや、ストロークが長く沈み込み量の多い前後サスペンションなど、自然とダートに足が向いてしまうような車体の作りなのだ。
 とはいえ、まずは市街地を流してみる。エンジンはアジア市場向けのWAVEがベースの空冷4ストOHC単気筒124ccで、C125ではないところがミソ。正直言ってC125と比べるとスムーズさや静寂性は一歩譲るが、粘り強い低速域と豊かな中速トルクは同じ。市街地はもちろん幹線道路でさえも、普通にクルマの流れをリードできるだけの瞬発力がある。回転数の伸びが鈍ってくる直前まで引っ張りつつ、左足で蹴り込むだけの自動遠心クラッチ+4速ロータリー式ミッションで小気味よくシフトアップしていくのが楽しい。シフトダウンのタイミングをとるのがやや難しいのだが、そこがカブを操る醍醐味でもある。「ガシャコン」とギヤチェンジしながら走る楽しさは、スクーターでは味わえないものだ。

普通のバイクのようにスポーティに走る

ホンダCT125・ハンターカブ

 九十九折りのワインディングで速度レンジを上げていくと、CT125の良さが出てくる。特に良かったのがフロントまわりの接地感。ネック部分に剛性感があって左右への切り返しでもフロントから破綻してしまうような不安がない。バイクと同じ前後17インチの標準サイズのタイヤを履いていることもあるだろう。小径タイヤのミニバイクやスクーターなどと比べてもハンドリングが穏やかで外乱にも強く、前後サスの豊富なストローク量を生かしつつ、ブレーキングでピッチングモーションを作って積極的にコーナーに入っていく走りもできる。その意味でも普通のバイクに近い乗り味なのだ。
 前後ディスクブレーキの手応えもカチッとしていて、入力のコントロールもしやすくABSも前輪のみ対応タイプだがウェット路面でも確実に止まってくれた。
 余裕のある車格と動力性能に加え、ふかふかシートの楽なライポジとくればちょっとしたツーリングも快適にこなせるはず。高速道路こそ乗れないが、鼓動感を味わいながらトコトコ行く下道ツーリングには最適な一台と言える。

アドベンチャーモデルも舌を巻くダート走破性

ホンダCT125・ハンターカブ

 林道にも踏み込んでみた。オンロードモデルではちょっと躊躇するような凸凹のある荒れたダートだったが、CT125は軽い車体と低中速に厚いトルクフルなエンジンのおかげで、ダートでも見た目以上によく走る。ちょっとした段差を利用して軽くジャンプしてみたり、強化されたフロントを軸にカウンターを当てながらリヤを流したりと自由自在。タイヤはごく普通のオン・オフタイプなのだが、軽さと適度なパワーが味方してグリップしてくれるのだ。ちなみにABSはフロントのみ対応の1チャンネルなので、細い路地でのブレーキターンもお手のもの。等々、走破性の高さはアドベンチャーモデル顔負けと言っていい。
 オプションのリヤシートを付ければタンデムもできるし、頑丈なリヤキャリアに荷物をたくさん積んでキャンプツーリングも楽しめそう。原付(2種)でこれだけ遊べるマルチパーパスモデルも珍しい。その意味でもCT125は「最も使えるバイク」と言っていいだろう。

ライディングポジション

ホンダCT125・ハンターカブ
イスに腰かけてPCをいじっているような極めて自然なライポジ。故に快適で疲れにくい。シート高800mmと意外と高さがあるようだが、通常のバイクのように跨らないので足着きも良好。ライダー身長179cm。
ホンダCT125・ハンターカブ
ホンダCT125・ハンターカブ

ディテール

ホンダCT125・ハンターカブ
エンジンは生産国タイで主流のWAVE125用がベース。エンジンカバーなどの外見は少し異なるが基本的に中身は同じ。
ホンダCT125・ハンターカブ
一般的なバイクと同じ正立フォークに2ピストンタイプのディスクブレーキは手応えもしっかりしていてきっちり止まる。
ホンダCT125・ハンターカブ
リヤ側は1ピストンタイプのディスクブレーキで、ABS無しなのでブレーキターンも可能。 タイヤは前後とも80/90-17のオン・オフ仕様。
ホンダCT125・ハンターカブ
ヘッドライトを含む灯火類はすべてLED。伝統的な丸形でありながら最新感も漂う。
ホンダCT125・ハンターカブ
テールライトやウインカーのデザインも懐かしさを感じる角型をあえて採用している。大きくて目立つので安心。
ホンダCT125・ハンターカブ
シートは座面がフラットで大きく、クッションにも厚みがあってすこぶる座り心地が良い。
ホンダCT125・ハンターカブ
頑丈そのもののスチール製大型リヤキャリア。タンデム用に純正パーツとしてピリオンシートも用意されている。
ホンダCT125・ハンターカブ
シート下には5.3ℓの燃料タンク。燃費計算上では満タンで300km以上走れる。
ホンダCT125・ハンターカブ
ハンターカブを象徴するアップマフラーも健在。ヒートガードにプロテクターを備えるなど安全と快適性にも配慮。
ホンダCT125・ハンターカブ
乗り心地と踏ん張りを両立する2段バネのリヤサスに、ハイマウント吸気ダクト&サイドエアクリーナーがダート走りを主張。「CT」を受け継ぐアイコニックなスタイルだ。
ホンダCT125・ハンターカブ
デジタルメーターはシンプルで見やすく機能的。しかも高級感があってスタイリッシュ。
ホンダCT125・ハンターカブ
ツールボックスも気が利いている。オーナーズマニュアルや簡単な工具類が収納できる。
ホンダCT125・ハンターカブ
ウイングマーク入りのキーも今風でお洒落だ。

主要諸元

車名・型式: ホンダ・2BJ-JA55
全長(mm):1,960
全幅(mm):805
全高(mm):1,085
軸距(mm):1,255
最低地上高(mm):165
シート高(mm):800
車両重量(kg):120
乗車定員(人):2
燃料消費率(km/L):
 61.0(60km/h)<2名乗車時>
 67.2(WMTCモード値)<1名乗車時>
最小回転半径(m):1.9
エンジン型式:JA55E
エンジン種類:空冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量(cm3):124
内径・行程(mm):52.4×57.9
圧縮比:9.3
最高出力:6.5kW [8.8PS] /7,000 rpm
最大トルク:11N・m [1.1kgf・m] /4,500 rpm
始動方式:セルフ式(キック式併設)
燃料供給装置形式:電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式:圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L):5.3
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式: 常時噛合式4段リターン(停車時のみロータリー式)
変速比:
 1速:2.500
 2速:1.550
 3速:1.150
 4速:0.923
減速比(1次/2次):3.350/2.785
キャスター角:27°00′
トレール(mm):80
タイヤサイズ(前/後):80/90-17M/C 44P / 80/90-17M/C 44P
ブレーキ形式(前/後):油圧式ディスク/油圧式ディスク
懸架方式(前/後):テレスコピック式/スイングアーム式
フロントフォーク・ストローク:110mm
フレーム形式 :バックボーン
製造国:タイ

著者プロフィール

ケニー佐川 近影

ケニー佐川