位置付け的には”凄いカブ”な「スーパーカブC125」。排気量1ccダウン、圧縮0.7アップが素晴らしかった!

バイク史に輝く傑作モデルであるホンダのスーパーカブ(C100)は1958年にデビュー。誕生後60周年を迎えた2018年6月にC125は発表された。同年9月からシリーズ最高峰モデルとして新発売され、高い人気を得ているが早くもパワーユニットを一新する新型が投入され、2021年9月27日に新発売された。

REPORT●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
取材協力●株式会社 ホンダモーターサイクルジャパン

ディテール解説

ホンダ・スーパーカブC125

外観デザインは基本的に共通。フロントマスクからリヤビューに至るまで、車体関係に大きな変更は無い、

ホンダ・スーパーカブC125

フロントサスペンションは2012年モデルから長年培われたボトムリンク式からテレスコピックタイプに変更されている。インナーチューブがカバーリングされたフォークはリーディングアクスル式。チューブレスのバイアスタイヤはIRC製。シングルディスクブレーキはABS付き。NISSIN製1ピストンのピンスライド式油圧キャリパーが採用されている。

ホンダ・スーパーカブC125

一見同じ様に見える空冷単気筒エンジンだが、よく見るとフィンデザイン他も従来モデルとは別物。クランクケースサイドカバーも一新されている。ボア・ストロークがさらにロングストローク化されている。

ホンダ・スーパーカブC125

ほんの僅かに尻上がりにレイアウトされた右出し1本マフラー。ヒートガードも含めて総クロームメッキされている。

ホンダ・スーパーカブC125

車体関係はほとんどが共通だが、ピリオンステップステーは一新された。より頑丈かつ上質な印象だ。

ホンダ・スーパーカブC125

フラットバーの様に見えるハンドル。実はは黒いパイプバータイプのアップハンドルが内臓されている。ヘッドランプ部分から一体構造でカバーリングされたメーターパネルデザインと大型レッグシールドの装備がいかにもスーパーカブらしい個性を醸し出す。

ホンダ・スーパーカブC125
ホンダ車一連のベーシックなスイッチレイアウト。上から順にディマー、ホーン、ウインカースイッチが並ぶ。あくまで筆者の感覚だが、咄嗟の時にはホーンが押しにくい。
ホンダ・スーパーカブC125
ハンドル右側のスイッチはシンプルに一つだけ。エンジン始動用のスタータースイッチだ。純正アクセサリーのグリップヒーター(20,900円)も装備可能だ。
ホンダ・スーパーカブC125

周囲をクロームメッキリングで飾られたスピードメーター。アナログ表示のスピードメーターと丸型液晶表示が組み合わされている。デザインに変更は無いが、速度計の目盛りが青から黒に一新された。

ホンダ・スーパーカブC125
初代スーパーカブC100に倣った赤いシートが印象的。鞍型デザインは快適な座り心地を提供してくれる。
スマートキーを持参し、シート左脇後方下部にある丸い黒ボタンを押すと、シートロックが“カチッ”と解錠される。
シートはご覧の通り前ヒンジで開閉できる。ヒンジの両脇にはヘルメットホルダーも装備。燃料タンク容量は3.7L。給油作業も扱いやすい高さにある。
ホンダ・スーパーカブC125
スーパーカブ110と比較するとリヤキャリアは小ぶりなデザイン。車体カラーと同色ペイントされている。オプションで、純正のピリオンシート(14,300円)が装着できる。
ホンダ・スーパーカブC125

前後共に踏み込み操作をする様にデザインされたシーソーペダル式のシフトレバーが、いかにもスーパーカブらしい。前に踏み込んでロー〜トップを経てニュートラルへ一巡する4速ロータリー式ミッションを採用。ただし走行中は4速トップからニュートラルが出る事が無い様、独自のストッパー機構が採用され操作はリターン式となる。

ダイアル操作式のイグニッションスイッチ。スマートキー方式が採用され、ライダーがスマートキー持参で近寄れば、スイッチ操作が可能となる。ステアリングロック操作も同様だ。
右側サイドカバーはロック式。シートを開けた所(シート下の右側後方)にあるオープナーボタンを押すと開く事ができる。工具や書類等が収納されている光景は昔と同じ。
ホンダ・スーパーカブC125

全体的なフォルムはスーパーカブそのものだが、クロームメッキパーツの多用や塗装の美しさ等、そこかしこに上質な仕上がりを披露している。

主要諸元

スーパーカブ C125
車名・型式:ホンダ・8BJ-JA58
全長(mm):1,915
全幅(mm):720
全高(mm):1,000
軸距(mm):1,245
最低地上高(mm):125
シート高(mm):780
車両重量(kg):110
乗車定員(人):2

燃料消費率(km/L):70.0(60km/h)〈2名乗車時〉
WMTCモード値(km/L):68.8〈1名乗車時〉
最小回転半径(m):2.0

エンジン型式:JA58E
エンジン種類:空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm³):123
内径×行程(mm):50.0 × 63.1
圧縮比:10.0
最高出力(kW[PS]/rpm):7.2[9.8]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):10[1.0]/6,250
燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
バッテリー容量:12V-3.5Ah(10HR)[YTZ5S]
潤滑方式:圧送飛沫併用式
潤滑オイル容量(L):1
燃料タンク容量(L):3.7
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:常時噛合式4段リターン
変速比:
 1速 2.500
 2速 1.550
 3速 1.150
 4速 0.923
減速比(1次 / 2次):3.428 / 2.500
キャスター角(度):26° 30´
トレール量(mm):71
タイヤ(前/後):70/90-17M/C 38P(チューブレス) / 80/90-17M/C 50P(チューブレス)
ブレーキ形式(前/後):油圧式ディスク(ABS)/ 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式(前/後):テレスコピック式 / スイングアーム式
フレーム形式:バックボーン

製造国:タイ

試乗後の一言!

ホンダ・スーパーカブC125

優雅な仕上がりを披露したC125。その乗り味に、より大人びた雰囲気がプラスされていた。

著者プロフィール

近田 茂 近影

近田 茂

1953年東京生まれ。1976年日本大学法学部卒業、株式会社三栄書房(現・三栄)に入社しモト・ライダー誌の…