バイザーもシートカバーも!ワイズギアがシグナスグリファス用パーツを続々投入!

2021年12月23日に日本導入が決定したシグナスグリファス! 待ちに待っていた人も多いハズ。そんな注目スクーターのアクセサリー情報を早速お届けしちゃいます。

未だ人気の衰えぬ125㏄スクーター、そして当クラスを牽引するシグナスブランド! カスタムシーンも盛り上がっているけれど、まずは手軽にできるドレスアップだったり、実用アイテムなどから着手するケースも多い。

今回紹介するワイズギア製のシグナスグリファス用アクセサリーパーツはどれも魅力的なものばかりだ。車両の発売前にぜひチェックしておこう!

防風パーツ3種の神器!

クリアスモークのウインドシールド、ナックルバイザー、サイドバイザーの3点をラインナップ。全て付ければ上・下半身、そして手元の走行風を軽減できるまさに3種の神器。流線形のデザインで野暮ったさは皆無!

スモークウインドシールド シグナスグリファス’22~:15,400円・税込

ウインドシールドは2.5㎜厚のポリカーボネイトを使用し、純正バイザーに250㎜アップする設計(全長約285㎜×全幅約320㎜)。ナックル&サイドバイザーはPET(ポリエチレンテレフタレート)素材を採用。

カーボン調で高級感バッチリ!

カーボン調フィニッシャー(ヘッドライト):6,050円・税込

次はドレスアップパーツにフィーチャー。ヘッドライト下部とフォークガードをカバーする各フィニッシャーは、カーボン調のパネルデザインでフロント周りを精悍に仕上げられる。

いずれも純正と入れ替えるだけなので取り付けも簡単だ。

カーボン調フィニッシャー(フロントフェンダー):5,500円・税込

収納力アップに欠かせない!

リアキャリア シグナスグリファス’22~:13,200円・税込

シグナスXシリーズは初代から一貫してグラブバー(スポイラー)仕様だけに、積載アップに貢献するリヤキャリアは人気商品! こちらはグリファス専用設計でスチール製のブラック粉体塗装仕上げ。パッセンジャーのグラブバーとしても使いやすいレイアウトとなっている。

もちろん荷掛けフックも4つ備えているのでロープでの固定もOK!

さらに、同社のリヤボックス(E300NY)を同梱したお得なセットも発売予定だ。

リアキャリアセット シグナスグリファス’22~:22,000円・税込

足つき&ホールド性を改善!

ローダウンシート シグナスグリファス’22~:26,400円・税込

シグナスグリファスのシート高は約785㎜とやや高め。足つきが心配な人にはこのローダウンシートがおすすめ! 純正をベースに内部を部分的に低反発素材に変更し、乗車時に沈みやすくすることで、ノーマル比で最大30㎜ダウンする設計。

左が純正、右がローシート。乗車時の足つきが良くなっているのがわかる。

その他、シートについてはカバーもラインナップ。補修や保護に役立つ砂目シボの通常タイプ(シートカバー シグナスグリファス’22~:4,400円・税込)と、通気性に優れ、炎天下でも快適に乗れるメッシュ生地の「クールメッシュシートカバー」(下写真)の2種類を用意する。

クールメッシュシートカバー シグナスグリファス’22~:7,920円・税込

さらにパッセンジャーに嬉しいバックレストもリリース予定(STD車両のグラブバーに取付するタイプ)。立体感のあるスタイリッシュな形状で、スポーティなグリファスにも自然とマッチ!

写真のバックレスト シグナスグリファス’22~はSTD車両のグラブバーに取付するタイプで13,750円・税込。先述のリアキャリアに装着するタイプ(タンデムバックレスト)は7,480円・税込。

これら以外にもグリップウォーマーやシートインナーケース、オーバル型のブルーミラー、保管&盗難抑止に役立つバイクカバー&アラームなど既存のアクセサリーも対応する様子。

シグナスグリファスをカスタマイズできるヤマハ純正アクセサリー、ワイズギアのアクセサリーは見逃せないぞ!

著者プロフィール

佐藤恭央 近影

佐藤恭央