ヤマハ、クロスカントリー競技用「YZシリーズ」2022年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、排気量124㎤~449㎤のクロスカントリー競技用の2022年モデル4機種を10月28日に発売する※。
上左)ヤマハYZ450FX、下右)ヤマハYZ250FX、下左)ヤマハYZ250X、下右)ヤマハYZ125X

ヤマハ クロスカントリー競技用「YZシリーズ」……638,000~1,122,000円(消費税10%を含む)

ヤマハ「YZ250FX」
ヤマハ「YZ250FX」

マイナーチェンジした「YZ250FX」は、                                    1)中高速域の出力と低中速域での扱いやすさが向上したエンジン

2)クロスカントリー向けFX専用チューニングのフレーム

3)容量をアップし、性能とサウンドを両立させるマフラー 

4)軽量で高いパフォーマンス性とコントロール性を両立したブレーキ 

5)幅広いシチュエーションに対応させたパワーチューナーなどにより、いっそう戦闘力を高めました。

また、YZシリーズ共通コンセプトの新カラー&グラフィックを採用しています。

※本製品は「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」にて、2021年7月30日から12月26日までの期間限定で予約の受付を行います。

※予約が生産計画を上回る場合は、予約受付期間終了を待たずに受付を終了する場合があります。

価格、発売日、販売計画

名称カラー1発売日メーカー希望小売価格
(消費税10%を含む)
販売計画
YZ450FXディープパープリッシュ
ブルーソリッドE(ブルー)
2021年
10月28日
   1,122,000円400台
(シリーズ合計/国内)
YZ250FX    979,000円
YZ250X    748,000円
YZ125X    638,000円
※YZシリーズ各モデルは、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法違反及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺社の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入りできるところは道路とみなされます。※保証(クレーム)の対象外製品です。

YZ250FXの主な特長

1)中高速域の出力と低中速域での扱いやすさを向上したエンジン

 クリーナーボックスのキャップケースにダクトを設け、流入空気量をアップさせることで中高回転域でのパワーアップを図った。
 また、排気側のカムプロフィールを変更。オーバーラップを減らしてワークアングルを最適化することで、とくに低中速での扱いやすさを向上している。このハイパワー化にあわせ、カムチェーンテンショナーは、伸・圧コイル併用の従来式を継続したうえで、伸側コイルのスプリング特性を最適化し、高回転域での滑らかな作動性を確保。
 さらに、さまざまな走行環境への対応力を広げるため、新たなFIマップを織り込み、最適セッティングを施したECUを採用した。
 なお、バランサーはウエイト位置をギア4歯分位相して、発生する一次慣性力の「方向」と「大きさ」を調整、低中速回転域での体感振動を低減している。

2)クロスカントリー向けFX専用チューニングのフレーム

 タンクレールとダウンチューブの肉厚を最適化して搭載した、2021年「YZ250F」と同一のバイラテラルビーム・フレームを採用。またエンジン懸架ブラケットの形状をクロスカントリー向けにチューニングし、出力向上を果たしたエンジンと最適化した。良好な接地フィーリング、ギャップでの路面情報フィーリング、軽快なハンドリングなどを支える。

3)容量をアップし、性能とサウンドを両立させるマフラー

 2021年モデル比で容量を340ccアップし、減衰特性を最適化することで高周波音を抑え、低周波中心のトルクフルなサウンドを奏でる。とくに高回転の領域では、滑らかに吹けあがるエンジンフィーリングだ。環境への配慮と不快な音を軽減し、長時間走行時のライダーの負担低減にもつながる。

4)軽量で高いパフォーマンス性とコントロール性を両立したブレーキ

 フロントブレーキは、ピストンサイズを22.65mmから25.4mmに大径化。キャリパーは形状の見直しで剛性を30%アップさせた。さらに摩擦力の安定性に優れたパッド材を採用し、面積を25%拡大、270mm径のローターはステー部の形状を変更することにより重量を増やさずにパッドとの接触面積を16%拡大している。
 一方リアブレーキは、キャリパーの形状変更により軽量化。ローター形状を変更し、制動力を維持したまま軽量化し、熱容量バランスの最適設計により熱歪みを最小限に抑えている。システム全体で現行比120g軽量化している。

5)幅広いシチュエーションに対応させたパワーチューナー

 

 パワーチューナーをよりわかりやすく、利用しやすくするため推奨マップのバリエーションをモディファイし、幅広いシチュエーションに対応できるようにした。
 特性が似ていた「MX Power Feeling」と「High Revving」は「MX Power Feeling」に統合。さらに[MAP1]に設定していた「Mild Power」を廃止し、これに替え[MAP2]への推奨マップとして「Hard Terrain for MAP2」を設定。これは[MAP2]よりマイルドで、よりテクニカルなコースにおいてもパワーを扱えるような特性だ。
 また、ECU MAPは日本のシチュエーションに最適化した専用セッティングにした。

「YZ250FX」主要仕様諸元

●YZ250FX

車体打刻型式/原動機打刻型式:CG41C/G3N1E
全長/全幅/全高:2,175mm/825mm/1,280mm
シート高:955mm
軸間距離:1,480mm
最低地上高:320mm
車両重量:111kg
原動機種類:水冷, 4ストローク, DOHC, 4バルブ
気筒数配列:単気筒
総排気量:249cm3
内径×行程:77.0mm×53.6mm
圧縮比:13.8:1
始動方式:セルフ式
潤滑方式:ウェットサンプ
エンジンオイル容量:0.95L
トランスミッションオイル量:-
オイルタンク容量:-
燃料タンク容量:8.2L(無鉛プレミアムガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式:フューエルインジェクション
点火方式:TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式:12V, 2.4Ah(5HR)/BR98
1次減速比/2次減速比:3.352/3.923
クラッチ形式:湿式, 多板変速装置/変速方式:常時噛合式6速/リターン式
変速比:
 1速:2.384 
 2速:1.812 
 3速:1.444 
 4速:1.142 
 5速:0.956 
 6速:0.814
フレーム形式:セミダブルクレードル
キャスター/トレール:27°10′/116mm
タイヤサイズ(前/後):80/100-21 51M(チューブタイプ)/ 110/100-18 64M(チューブタイプ)
制動装置形式(前/後):油圧式シングルディスクブレーキ/ 油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後):テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
乗車定員:1名

※オフロードコンペティションモデルは国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得することはできません。
※オフロードコンペティションモデルは道路を走行しますと、道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。
※私道、寺社の境内、公園、海辺、堤防上、農道、林道など、いわゆる道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入りできるところは道路とみなされます。走行場所は十分に注意してください。
※YZ250FXの燃料は無鉛プレミアムガソリン(指定燃料)を使用してください。指定以外の燃料を使用するとエンジン不調の原因となる場合があります。
※本仕様は予告なく変更することがあります。
※仕様変更などにより、写真や内容が一部実車と異なる場合があります。
※車体色は撮影条件などにより実際の色と異なる場合があります。
※ご使用前には取扱説明書をよくお読みください。

2022年「YZ250FX」フィーチャーマップ

著者プロフィール

由野 歓子 近影

由野 歓子

1964年東京生まれ。短大卒業後、外資系生命保険会社に就職。
20代でバイクに出会いその爽快感に魅了され…