ホンダ・ダックスはカスタムも得意! エアロバイザーでスポーツ仕様に大胆イメチェン|大阪モーターサイクルショー2022

3月19日(土)から21日(月・祝)まで、インテックス大阪で開催される第38回大阪モーターサイクルショー2022。今回の目玉の一つがホンダ・ダックスの市販化の情報で、さらにホンダブースにはさっそくカスタム車両も展示されていました。
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

ホンダ・ダックス125(キタコ・カスタマイズパーツ装着車)

大阪モーターサイクルショー2022、ホンダブースに展示されていたのがコチラのダックスカスタマイズ。キタコ製パーツなら、レジャーバイクのホンダ・ダックスをスポーツライクに仕上げることも簡単!

ドレスアップの要となるのが、ヘッドライト上に取り付けたエアロバイザー・スモーク(15,400円)で、ハンドルブレース・シルバー(8,800円)も合わせることで、顔まわり、ヘッドライト周りが精悍に。薄く反り返ったデザインに、ホワイトのパイピングを施したカスタムシートは試作品。このスポーティな外観には欠かすことのできないアイテムだけに、発売に期待したい。

シート後方に取り付けられたHIGHグラブバーは、まるで1979年発売ダックスホンダST50-Mを彷彿とさせるデザイン。持ち手の自由度が高く、機能面も良好だ。

主な装着パーツ

・タイミングホールキャップセット・ブラック(4,180円)
・セルモーターカバー・レッド(5,280円)
・チェーンアジャスターキャップ・レッド(5,280円)
・GEARSリヤショック(試作品)
※すべてキタコ製
エアロバイザー・スモークは、専用ステーを用いてウインカーの台座に固定する。
バーエンドキャップ(5,500円)、フォークボルトセット・ゴールド(5,280円)、マスターシリンダーキャップ タイプ5(4,400円)などのアルマイトパーツで彩りを追加。GPRミラーは1本1,980円。
ステッチ、パイピング、鋲でクラシカルにデザインされたシートは試作品。

著者プロフィール

山田 俊輔 近影

山田 俊輔

Motor-Fan BIKES 編集長1981年生まれ。身長180cm(モジャモジャを足すと185cm)。初めて…