【ホンダGB350/S】レトロ感を底上げするマフラー、外装、ドレスアップパーツまで新作を一挙!

貴重なレトロ系シングルのGB350/S。今だ人気が冷めやらない当モデルの新製品にフィーチャー! マフラーやボディパーツ、サスペンションなど機能パーツからドレスアップアイテムまでご紹介します。

マフラー】レース屋が作るキャブトンタイプ

TSR/スリップオン キャブトン 6万6000円~6万8200円

ロードレース界で名を馳せるTSR(テクニカルスポーツレーシング)初となるクラシカルモデル対応のオールステンレスマフラー。開発者がGB350Sオーナーということもあり、様々なシチュエーションを試したという1本で、納得のいくパワー特製とサウンドに仕上がったそう。

テーパー上のキャブトンがスポーティかつクラシカルなGBにマッチしている! カラーはポリッシュとマットブラックの2種で、エンブレムには初代カブトムシマークをオン! 

 対応車種:GB350/S(2BL-NC59)国内仕様
 近接音量:86dB 加速騒音:78dB
 重量:約2kg 

【ビキニカウル】ハンドメイドならではの味わい!

WM/アルミビキニカウルセット 6万500円~6万1600円

60年代にGPレーサーに装着されていたアルミ製カウルと同じ手法・道具を使ってWM(ダブルエム)がメイクした本格派! 切り出したアルミシートをハンマーで叩いて成型し、クラシカルなフォルムを作り出している。

スクリーンはMoto-gpファクトリー製でスモークとクリアをラインナップ。ヘッドライトやウインカー、ハンドルは純正のまま使用OK。

【リヤショック】足着きと快適性を両立!

デイトナ/アジャスタブルローダウンリアショック 5万7200円

純正リヤショック368㎜に対して約15~30㎜ローダウン(自由長338~353㎜)が可能。さらに伸び側減衰20段、プロリード無段階調整式で、足着きを向上しながらライダーに応じてセッティングすることでより走破性を高められる。さらにアルミ製ボディで軽量化にも!

【ドレスアップ①】大人な装いのブラック仕上げ!

キジマ/エンジンカバーセット コントラスト 3万5200円

メッキがぎらつくエンジンカバーを落ち着きのあるブラックに! さらにシリンダーの雰囲気に合わせてフィンを設け、センター部分をカットして銀/黒のコントラスを強調。アルミならではの質感が生かされている。

また、上下フィンは丸みを持たせ、少し低く設計することで高級感を演出している。

【ドレスアップ②】さり気ないアクセントに!

デイトナ/スロットルボディカバー 5280円

スロットルボディを覆うカバーをスリット入りステンレスプレートに変更することでスポーティにアレンジ! モダンなツヤ消しブラックとし、左右用セットで統一感を持たせられるのもポイントだ。

【機能パーツ】スロットル開度を調整!

アクティブ/スロットルキット1万2100円~1万6500円

巻き取り径(スロットル開度)6種を揃え、ロースロからハイスロまで自身に見合った開度に調整できる。ホルダー形状はタイプ1~3の3パターンを用意し、タイプ1はメンテナンス性に優れる分割式、タイプ2はコンパクトな薄型、タイプ3は分割式で薄さも追及したハイグレード仕様。

著者プロフィール

佐藤恭央 近影

佐藤恭央