地味なんて言わせない! スタイルも乗り味も飽きが来ないって素晴らしい!! 「SV650」はミドルクラスの決定版

SV650は隠れた名機|Vツインスポーツは理解されにくい存在。だが”大型二輪らしからぬ軽さ”が素晴らしい。

スリムなトラスフレームが、Vツインエンジンを抱え込む「SV650 ABS」ならではのスポーティかつ上品な造形。見るからに身のこなしが軽そうで、実際に乗ってもオーバー401ccの「大型二輪車」とは思えぬ扱いやすさ、自在に操れます。大排気量車や4発、個性の強いスタイルを好む人には“地味”に思われがちですが、ハッキリ言って文句の付けどころがありません。

REPORT●青木タカオ(AOKI Takao) PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

※2019年07月02日に掲載した記事を再編集したものです。
価格や諸元、カラーバリエーションが現在とは異なる場合があります。

SV650 ABS ディテール解説

スズキ・SV650 ABS

6段階の輝度調整可能なLCDインストルメントパネル。速度とギヤ段数を中央で大きく表示し、タコメーターは凝視せずとも感覚的にわかるように、バーグラフが左から右へと流れます。夜間も見やすいように、ホワイトのバックライトが採用されます。

スズキ・SV650 ABS

フロントフォークはインナーチューブ径41mmの正立式。ブレーキは異形対向4ポットキャリパーとφ290mmディスクの組み合わせです。

スズキ・SV650 ABS

アップライトなハンドルのおかげで、上半身がきつい前傾姿勢にならず、ゆったりとしたライディングポジションをもたらします。グリップは程良い位置にあり、乗り手の体格を選びません。燃料タンクの容量は14Lです。

スズキ・SV650 ABS

フリクション低減のためにピストンを樹脂コートし、さらにスズめっき処理を追加。水冷DOHC645cc 90度V型2気筒エンジンは、高い密閉性によるブローバイガス低減も両立しています。ピストンリングをL型にしたのも、フリクション低減に効果があるからです。

スズキ・SV650 ABS

特に低回転域での燃焼が不安定な領域で効果を高く発揮する「デュアルスパークテクノロジー」も採用。1気筒あたり2本のスパークプラグが与えられ、燃費向上だけでなく常に混合気を効率よく燃焼するため、リニアなスロットルレスポンスを獲得することができました。

スズキ・SV650 ABS
スズキ・SV650 ABS

前側を絞り込み、足着き性を向上したシート。グラディウス時代からフレームを刷新したこともあって、座り心地を犠牲にすることなくシートもスリム化しています。シートはキー操作で脱着可能、収納スペースはほとんどありません。

スズキ・SV650 ABS

リアサスペンションは路面追従性に優れるリンク式モノショック。前後ホイールに備えたスピードセンサーで各車輪の速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定の範囲内で防ぐABSを標準装備し、リヤブレーキディスク径は240mmとしています。
5本スポークのアルミキャストホイールには、ウエット性能と接地感に優れるダンロップ「Roadsmart III」がセットされました。

スズキ・SV650 ABS

テール&ストップライトは、被視認性に優れる2灯式LEDを採用。薄型コンパクトなデザインで、軽快なテールエンドが演出されています。

主要諸元

型式 2BL-VP55B
全長 / 全幅 / 全高 2,140mm / 760mm / 1,090mm
軸間距離 / 最低地上高 1,450mm / 135mm
シート高 785mm
装備重量 ※1 197kg
燃料消費率 ※2
 国土交通省届出値:定地燃費値 ※3 37.5km/L(60km/h) 2名乗車時
 WMTCモード値 ※4 26.6km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
最小回転半径 3.0m
エンジン型式 / 弁方式 P511・水冷・4サイクル・90°Vツイン / DOHC・4バルブ
総排気量 645cm3
内径×行程 / 圧縮比 81.0mm×62.6mm/ 11.2:1
最高出力 ※5 56kW〈76.1PS〉/8,500rpm
最大トルク ※5 64N・m〈6.5kgf・m〉/8,100rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量 3.0L
燃料タンク容量 14L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比
 1速 2.461
 2速 1.777
 3速 1.380
 4速 1.125
 5速 0.961
 6速 0.851
減速比(1次 / 2次) 2.088 / 3.066
フレーム形式 ダイヤモンドフレーム
キャスター / トレール 25°/ 106mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式ダブルディスク(ABS)・油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前 / 後) 120/70ZR17M/C(58W)・160/60ZR17M/C(69W)
舵取り角左右 33°
乗車定員 2名
排出ガス基準 平成28年国内排出ガス規制に対応

※1 :装備重量は、燃料・潤滑油・冷却水・バッテリー液を含む総重量となります。※2 :燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。※3 :定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。※4 :WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。※5 :エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わりました。〈 〉内は、旧単位での参考値です。■車体色はモニター表示のため、実物とは異なる場合があります。■仕様および装備は予告なく変更する場合があります。■掲載写真には、合成または、特別に許可を得て撮影したものが含まれます。

テスター:青木タカオ

スズキ・SV650 ABS
青木タカオ

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。最新バイク情報をビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説し、休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持されている。現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアにて執筆中、バイク関連著書もある。

著者プロフィール

青木タカオ 近影

青木タカオ

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。最新バイク情報をビギナーの目線に絶えず立ち返…