シグナスグリファスの走りを鍛えよ! レーサーのノウハウを注入した駆動系キット!

カスタムシーンも徐々に盛り上がってきているシグナスグリファス。今回はスクーター改で真っ先に手を付けたい駆動系パーツをピックアップ! 大御所が手掛けるストリートライクな逸品だ。

名車「CYGNUS」の名を冠し、2021年末に全面刷新されたシグナスグリファス。エンジンはNMAXを転用しているため水冷化されており、12インチのコンパクトコミューターとして、より一層のパフォーマンスを獲得している。

さてそんなグリファスの走行性能を高めたいなら駆動チューンがおすすめ。スクーターを性能アップする上で駆動系のセッティングは絶対に外せないポイントだ。

今回紹介するJOSHO1は日本や台湾、欧州などのミニバイクレースで活躍する世界的なスクーターレーサー、藤永優氏が立ち上げたブランドで、そのノウハウを生かし、スクーター用のパーツを専門に開発している。

基本性能を伸ばそう!

まず基本となるCVTキットは、JOSHO1とクラッチメーカー「F.C.C.」と共同開発したコラボアイテム。純正OEMも手掛けるF.C.C.のタフネスさや確実な動力性能に加えて、藤永氏の入念な実走テストによってネガを打ち消したパワーカープとなっている。

キット内容は、プーリー、プーリーフェイス、プーリーボス、ランププレート、スライドピース×3個、ウエイトローラー(20×12) 8.0g ×6個、0.5mm シムワッシャー×2個。

具体的には初速から回転が上がりすぎないため、純正に近いスタートダッシュを実現。比較的に低回転をキープするため、燃費との兼ね合いや渋滞が続く街中で高回転を多用するのは疲れる……というユーザーにおすすめだという。シティユースを中心にビギナーからベテランまで納得の特性に仕上げられている。

JOSHO1×F.C.C./シグナスグリファス用CVTキット 1万1880円

ドリブンキットも同時に開発!

ドライブ側(CVTキット)でも十分だけど、どうせならドリブン側も代えたくなるのがスクーター乗りのサガ!? というわけでJOSHO1ではクラッチキットもリリース!

重量はクラッチ本体が約972g、アウターが約781gとなっている。

純正よりも軽くするのはもちろん、スタート時からムラなくスムーズに変速していくように調整されている。F.C.C.独自の摩擦材を使い、ミート時にガッツリと“食いつき”すぎず、それでいてトップスピードが極端に落ち込まず速度が持続する絶妙なバランスを実現。

JOSHO1×F.C.C./シグナスグリファス用クラッチキット 1万6830円

CVTキットとクラッチキットと合わせれば鬼に金棒!? 乘りやすさと速さを兼ね備えたグリファスを作りたければぜひチェックしてみてほしい。

(問)JOSHO1 tel:072-823-2277 https://josho1.com/

著者プロフィール

佐藤恭央 近影

佐藤恭央