ホンダ・ダックス 125に乗った! 初代ダックス誕生の時代を知る身として感じた、いろんなこと。

2022年9月9日、千葉県は木更津でホンダ・ニューモデルの報道試乗会が開催された。南国ムードの会場に並べられていたのは「ダックス125」。3月24日発表当初は7月21日新発売とされていた。しかしコロナ禍や世界的な物流混乱の影響を受けて販売は遅延。そんな待望の“ダックス”がついに9月22日から新発売される。果たしてどの様な乗り味を楽しませてくれるのだろうか。

REPORT●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●山田 俊輔(YAMADA Shunsuke)
取材協力●株式会社 ホンダモーターサイクルジャパン

ディテール解説

モンキーと共通するLED式灯火類。車体色と同色塗装されているが、ランプステーや、右側(写真左)にオフセットされたホーンデザインも同じだ。


倒立式のフロントフォークを装備。フォークチューブカバーとフロントフェンダーが一体デザインとなっている。シングルディスクブレーキにはダブルピストンのピンスライド式油圧キャリパーを採用。

ロングストロークタイプのOHC空冷単気筒エンジンを搭載。基本構造はスーパーカブ C125やCT125と同じロータリー式(走行中はリターン式)4速ミッションと自動遠心クラッチを備えている。

初代ダックスのエクスポートを彷彿とさせる右側アップマフラーを採用。黒いヒートガードカバーの張り出し(角の厚み)が少し気になる。

黒いバリアブルピッチスプリングが採用されたツインショックサスペンション。スイングアームは角断面のスチール製。スプリングのプリロードは固定式。

NISSIN製シングルピストンのピンスライド式油圧キャリパーを装備。12インチのブラックキャストホイールには、IRC製NR77Uチューブレスタイヤが装着されていた。

大胆にアップされたスチールパイプ製ハンドルを採用。意外と幅が広い。ギヤシフトの足踏み操作と連動する自動遠心クラッチが採用されており、ハンドル左側にレバーは無い。

ホンダ一連のレイアウト。下から順にウインカー、グレーの三角がホーン、そしてディマースイッチが並ぶ。
ハンドル右側のスイッチは至ってシンプル、エンジン始動用の黒いスタータースイッチがあるのみ。

ふっくらと丸みを持たせたレンズとメッキリングデザインの丸型シングルメーターは液晶デジタル表示と各種パイロットランプがコンビネーションされている。基本的にモンキーと同じだ。

ほぼフラットで長い一体式ダブルシート。タンデムライディングも快適そう。
シートは前ヒンジ式。左サイドカバー部のキーでロックを解錠できる。シート下部には容量は3.8Lの燃料タンクがある。

クロームメッキのグラブバーを標準装備。LED式の灯火類はモンキー125と同じ部品が活用されている。

主要諸元

ダックス125
車名・型式:ホンダ・8BJ-JB04
全長(mm):1,760
全幅(mm):760
全高(mm):1,020
軸距(mm):1,200
最低地上高(mm):180
シート高(mm):775
車両重量(kg):107
乗車定員(人):2

燃料消費率(km/L):55.0(60km/h)〈2名乗車時〉
WMTCモード値(km/L):65.7〈1名乗車時〉
最小回転半径(m):2.0

エンジン型式:JB04E
エンジン種類:空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm³):123
内径×行程(mm):50.0 × 63.1
圧縮比:10.0
最高出力(kW[PS]/rpm):6.9[9.4]/7,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):11[1.1]/5,000
燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
バッテリー容量:12V-3.5Ah(YTZ5S)
潤滑方式:圧送飛沫併用式
潤滑オイル容量(L):1.0
燃料タンク容量(L):3.8
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:常時噛合式4段リターン
変速比:
 1速 2.500
 2速 1.550
 3速 1.150
 4速 0.923
減速比(1次 / 2次):3.421 / 2.266

キャスター角(度):24° 54´
トレール量(mm):84
タイヤ(前/後):120/70-12 51L / 130/70-12 56L
ブレーキ形式(前/後):油圧式ディスク(ABS)/ 油圧式ディスク
懸架方式(前/後):テレスコピック式 / スイングアーム式
フレーム形式:バックボーン

製造国:タイ

試乗後の一言!

誰でも気軽に乗れるのが魅力的。一家に1台あると生活が楽しくなる。

著者プロフィール

近田 茂 近影

近田 茂

1953年東京生まれ。1976年日本大学法学部卒業、株式会社三栄書房(現・三栄)に入社しモト・ライダー誌の…