ジョナサン・レイ率いるカワサキファクトリーチーム、鈴鹿8耐で連勝を目指す

鈴鹿8時間耐久連覇を目指すカワサキ、2021年は「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」として参戦!

カワサキは、「2021 FIM世界耐久選手権“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会(以下、鈴鹿8耐)」に、川崎重工のファクトリーチーム「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」として参戦すると発表した。日程は2021年11月5日(金)から7日(日)。前回の劇的なラストが記憶にあるファンも多いだろう。2年ぶりとなる鈴鹿8耐、何が起こるか最後まで見逃せない。

同チームは、2019年の前回大会で激闘の末、26年ぶり2度目の優勝を果たした。今大会では、Kawasakiとして初となる連覇を目指して戦う。

 ライダーは、前回大会でエースライダーとして優勝に大きく貢献し、またスーパーバイク界選手権(以下、WSBK)で前人未到の6連覇を達成したジョナサン・レイ、2020年シーズンよりジョナサン・レイのチームメイトとしてWSBKに参戦中で鈴鹿8耐優勝経験もあるアレックス・ロウズ、同じくWSBK参戦中のルカ・マイアスの3人。マシンは、2021年に登場した新型 Ninja ZX-10RRの鈴鹿8耐仕様だ。

●チーム名

Kawasaki Racing Team Suzuka 8H

●マシン

Ninja ZX-10RR(鈴鹿8耐仕様)

●ライダー紹介

・ジョナサン・レイ(Jonathan Rea)

・生年月日:1987年2月2日
・出身地:イギリス
・所属:Kawasaki Racing Team WorldSBK
・主な戦績:
「スーパーバイク世界選手権」で2015年以降 6年連続チャンピオン
・コメント:
2021年鈴鹿8耐へのカワサキレーシングチーム参戦、そして自分が再びチームに加われることになり、とても興奮しています。鈴鹿8耐では過去4回表彰台に上がりましたが、2019年にカワサキレーシングチームで優勝したことが一番の思い出です。残念ながら2020年の鈴鹿8耐は、新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいました。しかし、今年は鈴鹿に戻ってこれそうです。カワサキとファンの皆さんのために、ベストを尽くすことを約束します。応援よろしくお願いします。

・アレックス・ロウズ(Alex Lowes)

・生年月日:1990年9月14日
・出身地:イギリス
・所属:Kawasaki Racing Team WorldSBK
・主な戦績:
2020年スーパーバイク世界選手権 6位
2019年スーパーバイク世界選手権 3位
2018年スーパーバイク世界選手権 6位
2017年スーパーバイク世界選手権 5位
・コメント:
カワサキレーシングチームの一員として、2021年の鈴鹿8耐に参戦できることを大変嬉しく思っています。私は過去に鈴鹿8耐で3回優勝しています。イベントもサーキットも素晴らしく、私のお気に入りです。今年から投入された新型Ninja ZX-10RRも、カワサキの勝利を後押ししてくれるでしょう。この有名なレースに再び参加できることを、とても楽しみにしています。最高のチームと素晴らしいマシンが揃いました。カワサキレーシングチームへの応援をよろしくお願いします。

・ルカ・マイアス(Lucas Mahias)

・生年月日:1989年4月14日
・出身地:フランス
・所属:Kawasaki Puccetti Racing
・主な戦績:
2020年スーパースポーツ世界選手権 2位
2019年スーパースポーツ世界選手権 4位
2018年スーパースポーツ世界選手権 2位
2017年スーパースポーツ世界選手権 1位
・コメント:
カワサキレーシングチームの一員として、2021年の鈴鹿8耐に参戦することになり大変嬉しく思います。日本でのレースはいつも特別に感じますし、世界的にも有名な鈴鹿8耐を走れることは、ライダーとして幸せに思います。2020年の新型コロナウイルス感染拡大を乗り越え、鈴鹿に戻ってくることができて本当に嬉しいです。鈴鹿8耐で優勝するため、チームの一員として最高の状態でレースに臨み、全力で走ることをカワサキファンのみなさんに誓います。

●監督

ギム・ロダ(Guim Roda)

参戦ライダーのコメント

著者プロフィール

由野 歓子 近影

由野 歓子