CT125ハンターカブ用メーターバイザー、ヨシムラから登場です! ハンターカブ、PCX、グロムの新作パーツが豊作!

ミニバイクやスクーターにも積極的なヨシムラからHOTな新作が続々デビュー! マフラーをはじめ、ボディパーツが大充実です。

CT125の見た目&機能をアップ!

フルモデルチェンジを遂げて勢いが冷めやらないカブシリーズ。まずはCT125ハンターカブの新商品からスタート! ヨシムラではGPマグナムサイクロン(マフラー)が好評発売中だが、新たなパーツが追加された。

CT125ハンターカブ(’20~’22)用メーターバイザー 1万7380円(未塗装は1万780円)

顔周りの印象を変化させるバイザーはFRP製で未塗装と純正色に寄せたカラードタイプ(レッド/ブラウン/グリーン)を用意。さらにパンキッシュな専用デカールも付属して気分はアゲアゲ!

 取り付け用のステンレスステーやボルト類もセット。

CT125ハンターカブ(’20)用 アルミエンジンケースガードKITクランクケースカバー「PRO SHIELD」 2万4200円

モンキー125用などでも人気の高いエンジンケースガード。アルミ削り出しのブラックアルマイトでドレスアップ効果を高めつつ、万が一の転倒時にエンジン周りのダメージやオイル漏れリスクを軽減してくれる。

CB125Rでの走りをサポート!

フルスケールの小排気量スポーツとして人気を集めているCB125R用パーツも新登場。

CB125R(’18-20/’21)用ラジエターコアプロテクター 1万4080円

ラジエターへの飛び石などを防ぎ、ダストによるフィンへの詰まりも防止するプロテクター。こちらは独自のYラインを描くメッシュパターンによって一般的なハニカム構造よりも開口面積が両サイドで約11%、中央部で約26%広くなっている。冷却効果をしっかりとキープしながらプロテクション効果も発揮する優れモノ!

CB125R(’21)用機械曲 GP-MAGNUM105サイクロンEXPORT SPEC 7万2050円~8万5250円

φ105㎜の大型サイレンサーを使用し、歯切れの良いサウンドを実現したステンレスマフラー。エキパイ径と管長の見直し、低回転での落ち込みを抑えながら5000回転からトップエンドまで一気に盛り上がるパワーを獲得。高回転を生かしたスポーツランが楽しめる。

サイレンサーカバーはステンレス、サテンフィニッシュ、チタンブルーの3種を用意。

近接排気音量:92dB/4250rpm・加速騒音:79dB

パワフルなPCXへチェンジ!

2種スクの王者、PCXのステンレスマフラーも2種類がスタンバイ!

PCX(’21)用機械曲R-77SサイクロンEXPORT SPEC 6万9850円~8万850円

レースシーン由来のスポーティさと機能美を持つR-77Sサイクロンは独自の多角断面が印象的。十分な容量を確保しながら静かなサウンドを実現している。サテンフィニッシュ、メタルマジック、チタンブルーカバーの3タイプ。

近接排気音量:88dB/4375rpm・加速騒音:78dB
PCX(’21)用機械曲GP-MAGNUM105サイクロンEXPORT SPEC 5万4450円~6万6750円

一方ででGPマグナムはφ105㎜のラウンド型サイレンサーを採用し、カールエンドで伝統的なカスタムスタイルをアピールする。こちらはステンレス、サテンフィニッシュ、チタンブルーカバーのラインナップだ。

近接排気音量:88dB/4375rpm・加速騒音:78dB

いずれも純正のパワーカーブをなぞりながら、実用速度域での使い勝手と高速域でのパフォーマンスを両立。もちろんノーマルよりも約30~40%軽量化できるのもポイントだ。手軽にチューニングが楽しめるぞ。

(問)ヨシムラジャパン https://www.yoshimura-jp.com/

著者プロフィール

佐藤恭央 近影

佐藤恭央