スズキ、ストリートバイクの大型二輪車新型「GSX‐S1000」を国内で発売

スズキ株式会社は、大型二輪車新型「GSX-S1000」を8月4日より国内で発売する。
スズキ新型GSX-S1000/トリトンブルーメタリック(YSF)

スズキ 新型「GSX-S1000」……1,430,000円(消費税10%を含む)

スズキ新型GSX-S1000/トリトンブルーメタリック

「GSX-S1000」は 2015年に初代モデルを発売して以来、スーパースポーツバイク「GSX-R1000」の
エンジンと車体をストリート向けにチューニングした、高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめるモデルと
して好評を得ているストリートバイクだ。

2代目となる新型「GSX-S1000」は、扱いやすさとスポーツ性能の高さを継承しつつ、アグレッシブか
つ前衛的なデザインを採用した。また、エンジンの出力向上を図るとともに、電子制御システム S.I.R.S.
(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新たに搭載することで、より扱いやすさとスポーティーなライ
ディングを両立できるストリートバイクとして進化させ、2021年6月より欧州を中心に販売を開始してい
る。
国内で発売する新型「GSX-S1000」は、欧州同等の仕様、装備とし、スポーティーなライディングから
普段使いまで、ストリートバイクにおけるライダーの走る楽しさを追求した。

価格、販売台数

●商品名:GSX-S1000

●エンジン:4サイクル 998㎤

●価格:1,430,000(消費税10%を含む)

●年間目標販売台数:600台(日本国内)

カラーリング

スズキ新型GSX-S1000/グラスマットメカニカルグレー(QT7)
スズキ新型GSX-S1000/グラススパークルブラック(YVB)

主要諸元


型式:8BL-EK1AA
全長 / 全幅 / 全高:2,115mm / 810mm / 1,080mm
軸間距離 / 最低地上高:1,460mm / 140mm
シート高:810mm
装備重量(※1):214kg
燃料消費率(※2):国土交通省届出値 ※321.2km/L(60km/h)2名乗車時
WMTCモード値(※4):16.6km/L(クラス3、サブクラス3-2)1名乗車時
最小回転半径:3.1m
エンジン型式 / 弁方式:DTB1・水冷・4サイクル・直列4気筒 / DOHC・4バルブ
総排気量:998㎤
内径×行程 / 圧縮比:73.4mm × 59.0mm / 12.2
最高出力(※5):110kW〈150PS〉 / 11,000rpm
最大トルク(※5):105N・m〈10.7kgf・m〉 / 9,250rpm
燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム
始動方式:セルフ式
点火方式:フルトランジスタ式
潤滑方式:圧送式
潤滑油容量:3.4L
燃料タンク容量:19L
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式:常時噛合式6段リターン
変速比:
 1速…2.562
 2速…2.052
 3速…1.714
 4速…1.500
 5速…1.360
 6速…1.269
減速比(1次 / 2次):1.553 / 2.588
フレーム形式:ダイヤモンド
キャスター / トレール:25°/ 100mm
ブレーキ形式(前 / 後):油圧式ダブルディスク(ABS) / 油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前 / 後):120/70ZR17M/C(58W) / 190/50ZR17M/C(73W)
舵取り角左右:31°
乗車定員:2名
排出ガス基準:平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応

※1.装備重量は、燃料・潤滑油・冷却水・バッテリー液を含む総重量となります。
※2.燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態※3.(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※4.定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※5.WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わりました。〈 〉内は、旧単位での参考値です。
  • 車体色はモニター表示のため、実物とは異なる場合があります。
  • 仕様および装備は予告なく変更する場合があります。
  • 掲載写真には、合成または特別に許可を得て撮影したものが含まれます。
  • 掲載の写真には、用品(別売り)装着車が含まれます。【シングルシートカウル】
  • シングルシートカウルを取り付けた場合は、必ず15日以内に自動車検査証の乗車定員の記載を1名に変更する構造等変更検査を受けて下さい。また、取り付けたシングルシートカウルからピリオンシートへ戻す場合にも、その都度、乗車定員を2名に変更する構造変更申請手続きが必要となります。

著者プロフィール

由野 歓子 近影

由野 歓子