スモールボディとラージボディって何が違うの? |ベスパのまめ知識

スモールボディとラージボディ、同じベスパでもET3とP125Xはこれだけ違う!

ベスパET3・P125X
先日レストアが終わったことを報告したベスパP125X。いわゆるラージボディの代表的モデルなわけだが、ではスモールボディのベスパとどれくらい違うのだろう。ここでは実際に両車を写真とスペックから比較してみたい。排気量が同じだからといっても、比較することで違いが見えてくるはずだ。
右がET3、左がP125X。

最近になってライセンス生産されていたインド・バジャジのビーナスローマが販売され、一部で話題になっている古いベスパ。ビーナスローマは1960年代くらいのラージボディをもとにしたモデルで、ずいぶんとレトロなスタイルが特徴。でもここで「ラージボディってなに?」と思われるだろう。ベスパは鉄製のモノコックボディを基本としたイタリアのスクーターで、第二次世界大戦により荒廃したイタリアの庶民が買えるようにデザインされていた。つまり、基本はすごく古いが年々モデルチェンジを繰り返して生きながらえてきた。その歴史に新たな1ページを追加するのが1963年に発売された50/90で、従来のモデルより一回り小さなボディが与えられた。この時から通常のモデルをラージボディ、追加された小型モデルをスモールボディと称するようになるのだ。

縦横比も大きく異なる2台。

スモールボディはその後「ビンテージ シリーズ」としてイタリア本国での販売が終了しても、日本での人気に応えて2000年まで再生産された。ベスパといえばビンテージシリーズを思い浮かべる人も多いことだろう。

お尻のボリュームもご覧の通り。

対してラージボディは1977年にPシリーズへ生まれ変わる。P200EとP125Xがメイン車種として発売を開始すると、翌年には150もラインナップに加わり世界的にベスパの顔となる。

真横からだと違いが大きくは感じないかもしれない。

このPシリーズは大きくモデルチェンジすることなくPX、PX-FL、PX-FL2とマイナーチェンジを繰り返して2018年まで作り続けられた。ビンテージシリーズは日本向けに生産終了後も再生産された特殊なモデルだが、P〜PXは世界的に最も長く多くの台数が売れたモデルなのだ。

シート高もずいぶんと違うことがわかる。

いわばベスパを代表する2モデルがビンテージシリーズとP〜PXといえるだろう。どちらを選ぶかはスタイルの好みになるかもしれないが、サイズの違いを比較されたことがあるだろうか。スモールボディのビンテージシリーズは女性でも気軽に扱えるサイズながら、ラージボディのP〜PXは大柄な西洋人に適したサイズだから小柄な日本人には大きく感じる。では実際に2台を見比べてみよう。

25センチの靴をET3のフロアに置いてみた。
同じ靴をP125Xに置いてみると。

まず操作性を左右するステップフロアに同じ25センチの靴を置いてみる。ET3だとフロアトンネルにつけるようにして置いたがP125Xではステップ中央に置いても左右に余裕がある。また長さも違うためET3でタンデムすると後に乗せた人の足を置く場所が小さく、間違えてキックペダルを踏んでしまうなんてこともある。これはツーリング時に違いを感じるところで、足を置く自由度が大きなP125Xは疲労度が少なくて済む。

ET3のエンジン。
P125Xのエンジン。

同じ排気量の両車だがビンテージシリーズのET3はボア×ストローク55mm×51mmのショートストローク型、P125Xは同52.5mm×57mmのロングストローク型。ET3が121.1ccから7ps/6000rpmを、P125Xは123.4ccから7.5ps/5750rpmを発生する。ちなみに再生産されたET3にはPK125系のエンジンが採用されたため若干パワーアップしているが、P125Xがトルク型で低回転から扱いやすいことに変わりはない。

ET3のスピードメーター。
P125Xのスピードメーター。

どちらも4速MTのハンドチェンジ仕様で2速と3速のギア比が異なるものの、トップスピードは90km/hと変わらない。ただ高回転まで回るET3とトルクで引っ張るP125Xという性格の違いは、乗れば誰もが感じることだろう。

ET3のトランク。
中には書類や工具、プラグやレバーくらいしか入らない。
P125Xのトランク。
1リッターのオイル缶を立てて2本も入れることができる。

サイズの違いは積載性にも反映されている。小さなET3だと左リヤフェンダーにトランクがあるものの、内部には点火系パーツが収まり収納性は良くない。ところが大柄なP125XだとET3でスペアタイヤ置き場となるレッグシールド内側にトランクを装備する。ここにはオイル缶が縦に2本積んでも余裕があるほど広い。

ET3にまたがったところ、
P125Xの同じカット。

では実際にまたがってみよう。筆者は身長163cm、体重が56kgと小柄で短足な純和風体型だ。ちなみに過去の記事でもこんなことをしている(https://car.motor-fan.jp/article/10012150)。ちなみに過去記事を取材した時より体重が7kgほど重くなった。小柄なET3はセンタースタンドをかけたままでも両足が着地する。ところがP125Xでは片足の爪先までしか着地しない。P125Xはシートが分厚いうえにリヤフェンダーの張り出しも大きいので足つき性がとても悪いのだ。これは足つき性ばかりでなく押し歩きでも感じるところで、ET3はプラスチックボディの国産スクーターよりは重いものの取り回しで苦労することは皆無。ところがP125Xはズッシリとした重さを感じるし、重心が高いことも手伝って路面の段差や凹みでヒヤリとすることがある。

シートを比較してみる。

足つき性の悪さはシートのサイズでもわかる。長さは数センチしか違わないものの(!P125Xで60cmほど)、左右の幅や厚みがまるで違うのだ。だから長距離を走ってもP125Xは疲れないが、ET3は1時間も走るとお尻が痛くなる。

スタンドを払っても足つき性に大差はなかった。

それほど違うものかと、改めてP125Xのスタンドを上げた状態で撮影してみた。この状態だと車体を支えないといけないから、ついお尻を左にズラしてしまったが、それでも短足だからかカカトは着地しなかった。ちなみに撮影時の気温は30度を超えていたためタオルを巻いたままの見苦しい姿で失礼しました。

著者プロフィール

山田 俊輔 近影

山田 俊輔

Motor-Fan BIKES 編集長1981年生まれ。身長180cm(モジャモジャを足すと185cm)。初めて…