SEALアンクルアームバッグ|廃タイヤをバッグとして活用。足や腕に固定できるからバイク用としても便利!

株式会社モンドデザイン(本社:東京都港区)は、廃タイヤをそのままの状態で再利用し、バッグなどのアイテムとして展開したブランド「SEAL」より、新しいスタイルのバッグ「アンクルアームバッグ」を2021年8月24日より直営店・オンラインで販売開始。スマホや財布など小物収納用のアンクルアームバッグは、足首や腕に固定する独自のタイプを採用。バイク走行、サイクリング、ランニングなど、アクティブなシーンにも対応してくれる。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

廃タイヤを再利用したブランド「SEAL」より発売

商品名:アンクルアームバッグ 価格:5940円(税込)

サイズはW90×H180×D40mm。カラーはブラック。
脚や腕などにフィットするよう設計。
右腕に固定した例。革ジャンなど、ウエアウエアの上からでも取り付け可能。

「SEAL」は国内の職人たちによって作られたMade in JAPAN

 SEALは2007年に誕生。国内の職人たちによって作られた、Made in JAPANのバッグブランドだ。SEALのバッグの大きなポイントは、廃タイヤを再利用して製作されていること。今では製造が困難な「森野帆布(※1)」や「藤倉航装(※2)」など、異素材とのコラボ製品も開発している。

※1:森野帆布は日本の高い技術によって生み出された、純日本製の帆布。森野帆布を手掛けた森野帆布船具工業所は、1914年(大正3年)に横浜で創業。旧帝国海軍艦艇専用品を製作した、歴史ある技術工業所として名を残している。

※2:国防と人命の安全確保・救難を目的とする人体用パラシュートを始め、各種救命装備品を生産してきた日本で唯一のメーカー。

 SEALでは、新たなニーズの拡大を目指すと同時に、WWF(世界自然保護基金ジャパン)への寄付や、植林なども実施。SEALの活動を通じて、ユーザーが気軽に社会貢献活動に参加できるような取り組みも積極的に行っている。

止水ファスナーを採用。雨や汚れを気にせず使用可能

アンクルアームバッグは、スマートフォンや財布、鍵などの小物収納用。素材はタイヤチューブと高密度ナイロンを使用。
取り出し口には雨にも強い「止水ファスナー」を採用。

 新登場のアンクルアームバッグは、タイヤチューブ素材と高密度ナイロンを使用した、タフで防水性のある小物収納用。取り出し口には「止水ファスナー」を採用することで、どのような場面でも雨や汚れを気にせずに使用可能。

 アンクルアームバッグは、脚や腕のどの箇所でも身体にフィットするよう、背面は立体的な構造で作られており、装備されたゴムバンドで長さの調整も可能。また、サイドにバックルを施すことで、着脱も容易にしている。

 収納部はスマートフォンも余裕で収まる大きさで、鍵などの貴重品を入れて持ち運ぶことができる。ツーリング、サイクリング、ランニングなど、アクティブに使用できるのがポイントだ。

脚や腕にフィットするよう、背面は立体構造を採用。
ワンタッチで取り付け・取り外しができるバックルを装備。

製品情報

商品名:アンクルアームバッグ
型番:PS-189
価格:5,940円(税込)
サイズ:W90×H180×D40mm
カラー:ブラック
販売開始日:2021年8月24日(火)
発売元:株式会社モンドデザイン https://www.mondodesign.jp/
販売場所:
SEALオンラインストア https://www.seal-store.net/
SEAL 表参道本店 https://www.seal-brand.com/store/omotesando.html

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭