最高速度120km/hにアップ!市販車FELO FW-06ベースの電動レーシングスクーター・FW-06R|大阪・東京モーターサイクルショー2023

中国の「FELO Technology(フェローテクノロジ))」が発売する「FELO FW-06」は2019年のEICMAで発表されて以来、熟成を重ね、入念に開発が進められてきた市販の電動スポーツスクーター(99万円/税込)。FW-06をベースにしたレーシングタイプのコンセプトモデルが写真の「FELO FW-06R」。保安部品等をレス化して6kg軽量化された外観に加え、最高速度は110km/h→120km/hに引き上げられている。
PHOTO&REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
FELO https://www.felo.jp/
FELO FW-06R公式HP https://felo-ev.jp/fw06/fw-06r/
スピードマスター株式会社(国内総販売代理店) https://felo-ev.jp/

FELO FW-06R /コンセプトモデル

FELO FW-06R(FELO-EV OFFICIAL)
FELO FW-06R FELO発電動バイク(FELO-EV OFFICIAL)
市販の電動スクーター「FELO FW-06」をベースに、レース専用モデルへとカスタマイズされた「FELO FW-06R」。
ボディサイズは全長1830mm×755mm×1095mm。シート高は800mm。軸距(ホイールベース)は1240mm。車両重量は115kg。
ホイールサイズは前後とも14インチ。タイヤサイズはF110/80-14、R140/70-14。

中国の電動スクーター「FELO FW-06」は、3年間の熟成を経て市場投入されたスポーツモデル。FW-06専用に設計されたフレームはスポーツモデル専用として設計されており、一般的なスクーターからは想像できないほどの剛性を確保。

搭載されたバッテリーは、96V58Ahの大容量かつ高効率なタイプを採用。独特の積層構造によって無駄なく構成され、バッテリーケースの隅々までを活用して容量を拡大。

前後ホイールは14インチに設定。前後ブレーキはディスク式とし、フロントはシングルチャンネルABSでアシスト。急激なパワー出力によるスリップを防いでくれるトラクションコントロールを装備するなど、最新の電子制御システムも導入済みだ。

写真の「FW-06R」はFW-06をベースにした、レース専用のコンセプトモデル。ウインカーやテールランプなどの保安部品に加え、リアフェンダーを取り除いて、121kgから115kgに軽量化。フロントディスクブレーキ部にはカバーを装備するなど、レースモデルならではのスポーティな外観にアレンジ。

定格出力は5kW、最高出力は10kWでFW-06と同スペックながら、最高速度は110km/hから120km/hにアップ。0-50km/hの加速時間は3.04秒を発揮。サーキットに良く似合う、アグレッシブなイメージのカラーリングにも注目だ。

シートは肉厚タイプに変更し、シート高は784mmから800mmに拡大。
バッテリーの充電器接続部分。
モーター特有の出力を快適に変速する、世界で唯一の電動モーターサイクル向け自動ギア式変速機「オートマチック トルク システム(ATS)」を採用。
スイングアームのピボット部近くに、定格出力5kW、最高出力10kWのパワフルな電動モーターを搭載。後輪への駆動はベルト式。

FELO FW-06R 主要諸元

モデル名称:FW-06R
全長×全幅×全高:1830mm×755mm×1095mm
シート高:800mm
軸距(ホイールベース):1240mm
最低地上高:162mm
定格出力:5kW
最高出力:10kW
定格トルク:8.2n・m
ピークトルク:58n・m
車両重量:115kg
バッテリー容量:96V 58Ah Lithium Square battery
最高速度:120km/h
0-50km/h加速時間:3.04秒
充電時間:7-8h
メーターパネル:LCD
タイヤサイズ:F110/80-14 R140/70-14
ブレーキ:Fディスク Rディスク ABS

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭