「もはや125ccスクーターではない」モーター駆動をプラスしたハイブリッドスクーター、新型PCX e:HEV。|ホンダ

2020年12月8日に発表された新型PCXは2021年1月28日から新発売された。PCXと同160に関しては既に試乗報告済みだが、今回は「Honda 二輪EV扱い店」にて販売されるe:HEV(イーエイチイーブイ)に試乗した。

REPORT●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
取材協力●株式会社 ホンダモーターサイクルジャパン

※2021年2月19日に掲載した記事を再編集したものです。
価格やカラーバリエーションが現在とは異なる場合があります。

ディテール解説

ホンダ・PCX e:HEV
個性的ラインライトの下に3灯式ヘッドランプ、上にポジションとウインカーをレイアウトしたフルLEDランプ。ポジションは消灯時に淡いブルー色を採用しているのがe:HEVの特徴。
ホンダ・PCX e:HEV
リーディングアクスルタイプの正立式フロントフォークを装備。ABSを採用したフロントブレーキは、NISSIN製2ピストンのピンスライド式キャリパーとφ220mmローターを装備。
ホンダ・PCX e:HEV
後輪左サイドにレイアウトされているのは、Vマチック無段変速とエアクリーナー。
ホンダ・PCX e:HEV
モーターアシスト関係は基本的に従来と共通。エンジンは進化系4バルブのeSP+に一新されている。
ホンダ・PCX e:HEV
パイプバーのアップハンドルには、ブラケット下部にラバーマウント構造が採用されている。
ホンダ・PCX e:HEV
上から順にディマー、ホーン、ウインカースイッチ。人差し指で扱う向こう側のモードスイッチはアイドリングストップシステムのON/OFFとライディングモード(モーターアシストの強弱)が切り替えできる。
ホンダ・PCX e:HEV
ハンドル右側のスイッチは上から順にエンジンキルスイッチ、ハザード、そして始動用スタータースイッチだ。
ホンダ・PCX e:HEV
ハザードランプを点滅させて点灯時を撮影。左右に大きく伸びるグリーンのウインカーパイロットが目立つ。
ホンダ・PCX e:HEV
ペットボトルも収納できる左側のボックスにはUSBの電源端子も標準装備されている。
ホンダ・PCX e:HEV
操作時にはイグニッションスイッチ周囲の照明がブルーに光るので夜間でも扱いやすい。右側のシーソースイッチは、シート&燃料給油口の解錠用だ。
ホンダ・PCX e:HEV
スマートキーは、e:HEVを象徴するブルーの化粧プレートで綺麗に差別化されている。
ホンダ・PCX e:HEV
スマートキーの裏面には二つのスイッチボタンがある。上がアンサーバックで少し離れた位置からハザードの点滅及びメインスイッチ照明が点灯できる。下はスマートキーシステムのON/OFFができる。
ホンダ・PCX e:HEV
アンダーボーンフレームの骨格中央部にセットされた8.1L容量の燃料タンク。フィラーキャップはリッド部の内側に置くことができる。
ホンダ・PCX e:HEV
立体的なエンブレムデザインは、ホンダのハイブリッド車(4輪)と共通の物が採用されている。
ホンダ・PCX e:HEV
サイズの大きな前後ダブルシート。青を採用したツートーンのカラーデザインがe:HEVならではの特徴。
ホンダ・PCX e:HEV
シート下収納容積は24L。PCXと比較すると後席下部の6L容量分がリチウムイオンバッテリーの搭載でスポイルされている。
ホンダ・PCX e:HEV
ご覧の通り、ヘルメットは周辺に余裕を残して収納できる。シートヒンジ付近の左右にはヘルメットホルダー用フックも装備されている。
ホンダ・PCX e:HEV
上下2段にレイアウトされたLED式テールランプ。
ホンダ・PCX e:HEV
長い左右ステップとシートスペースの大きなデザインが印象的。

主要諸元

車名・型式:ホンダ・2AJ-JK06
全長(mm):1,935
全幅(mm):740
全高(mm):1,105
軸距(mm):1,315
最低地上高(mm):135
シート高(mm):764
車両重量(kg):136
乗車定員(人):2
燃料消費率(km/L):55.4(60km/h)〈2名乗車時〉
WMTCモード値(km/L):51.2〈1名乗車時〉
最小回転半径(m):1.9
エンジン型式:JK06E-K1N
エンジン種類:水冷4ストロークOHC単気筒
電動機種類:交流同期電動機
総排気量(cm³):124
内径×行程(mm):53.5×55.5
圧縮比:11.5
最高出力(kW[PS]/rpm):9.2[12.5]/8,750
電動機(モーター):1.4[1.9]/3,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):12[1.2]/6,500
電動機(モーター):4.3[0.44]/3,000
電動機(モーター)定格出力(kW):0.36
始動方式:セルフ式
燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量(L):8.1
主電池種類:リチウムイオン電池
変速機形式:無段変速式(Vマチック)
変速比:無段 2.550〜0.810
減速比(1次/2次):3.058/3.384
キャスター角(度):26°30′
トレール量(mm):79
タイヤ(前/後):110/70-14M/C 50P / 130/70-13M/C 63P
ブレーキ形式(前/後):油圧式ディスク / 油圧式ディスク
懸架方式 (前/後):テレスコピック式 / ユニットスイング式
フレーム形式:アンダーボーン

■製造国/ベトナム
図はPCX160

試乗後の一言!

もしも僕がオーナーになったなら、あえて外観変更をしない改造で、標準の30L容量シート下収納に換装。リチウムイオン電池はセパレート化してでも左右ステップ周辺の何処かに移設出来たら良いな〜等と空想(妄想)が膨らんだ。

著者プロフィール

近田 茂 近影

近田 茂

1953年東京生まれ。1976年日本大学法学部卒業、株式会社三栄書房(現・三栄)に入社しモト・ライダー誌の…