Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車カタログ
  3. ホンダ
  4. オデッセイ

ホンダ オデッセイ 新型自動車カタログ|新車価格180~435万円[試乗インプレ/燃費/技術開発]

  • 2020/12/25

全長:4840mm、最小回転半径:5.4m ※こちらの二面図はマイナーチェンジ前の2019年ハイブリッドモデルです。

高い運動性能と快適性、多人数乗車を兼ね備えた乗用ミニバンのパイオニア。2020年現在は5代目を数える。日本及び中国向けは2.4ℓ直4を搭載するミドルラージサイズ。日本は標準仕様のほかスポーティな「アブソルート」があり、2016年2月に2.0ℓ直4+2モーターのハイブリッドが追加された。2017年11月には主に安全装備の強化が施されるマイナーチェンジが、2020年11月には外観が一新されるほどの変更を伴う大規模なマイナーチェンジが実施されている。日本国内初となる、流れる光に手をかざしてパワースライドドアの開閉操作を行なう、ジェスチャーコントロール・パワースライドドアを採用したのもトピックだ。

(以下の記事は2017年のものです)

ハイブリッドは大いに魅力的、なハズだが…総合評価:8点

今のオデッセイ、乗り込むと解るのは、外観から想像する以上に室内が広いことだ。フロアは低全高だった先代より更に低く、しかも天井は高くなっているのだから当然だ。重心の低さは走りにも効いている。グラグラと傾くような感じは皆無で路面に貼り付いたように曲がる。そんなオデッセイに待望のハイブリッドが追加された。2ℓエンジンに2基の電気モーターを組み合わせたもので、特に走行用電気モーターの184psという高出力が目をひく。26・0㎞/ℓという圧倒的な低燃費こそが、そのハイライトである。先進安全装備には歩行者回避補助機能も追加された。全方位、満足度の高い1台だと思うのだが、問題はデザインだろうか…。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

最新刊『2018年版間違いだらけのクルマ選び』島下泰久著〔草思社刊〕

ホンダオデッセイ 2020年11月発売モデル

アブソルート

価格 358万円
排気量 2400cc
駆動方式 FF
最高出力 175 ps(129 kW)/6200rpm
最大トルク kg・m(225 Nm)/4000rpm
乗員 7名
燃費 -

アブソルート

価格 350万円
排気量 2400cc
駆動方式 FF
最高出力 175 ps(129 kW)/6200rpm
最大トルク kg・m(225 Nm)/4000rpm
乗員 8名
燃費 -

アブソルート

価格 372万円
排気量 2400cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 175 ps(129 kW)/6200rpm
最大トルク kg・m(225 Nm)/4000rpm
乗員 8名
燃費 -

アブソルート・EX

価格 382万円
排気量 2400cc
駆動方式 FF
最高出力 175 ps(129 kW)/6200rpm
最大トルク kg・m(225 Nm)/4000rpm
乗員 7名
燃費 -

アブソルート・EX

価格 393万円
排気量 2400cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 175 ps(129 kW)/6200rpm
最大トルク kg・m(225 Nm)/4000rpm
乗員 8名
燃費 -

アブソルート サイドリフトアップシート車

価格 363万円
排気量 2400cc
駆動方式 FF
最高出力 175 ps(129 kW)/6200rpm
最大トルク kg・m(225 Nm)/4000rpm
乗員 7名
燃費 -

アブソルート 助手席リフトアップシート車

価格 358万円
排気量 2400cc
駆動方式 FF
最高出力 175 ps(129 kW)/6200rpm
最大トルク kg・m(225 Nm)/4000rpm
乗員 8名
燃費 -

アブソルート 助手席リフトアップシート車

価格 378万円
排気量 2400cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 175 ps(129 kW)/6200rpm
最大トルク kg・m(225 Nm)/4000rpm
乗員 8名
燃費 -

ホンダオデッセイの歴代モデル

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ

ホンダ オデッセイ バックナンバー