Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車用語集
  3. 大車林
  4. 環境/社会/法規
  5. 電波航法

環境/社会/法規 電波航法 radio navigation

  • 2019/05/05
このエントリーをはてなブックマークに追加

電波航法には現在、双曲線航法、衛星航法およびサインポスト法がある。いずれも、推測航法の方位センサーと距離センサーの代わりに、専用のアンテナと受信機を必要とし、測位情報として緯度・経度が得られる。双曲線航法は昔からロラン(LORAN)航法として知られており、最新のロランCが使用する周波数は100kHzの長波で、世界中に配置された基地局のうちから主局、従局2~4から同期したパルス波を発射し、到着時間差と位相差で位置を測定する。船舶用に普及してきたが道路用には誤差が大きい。衛星航法としては全世界衛星測位システム(GPS)として知られ、高度2万200kmの6つの軌道上に24機の衛星が配置されており、常時5個以上の衛星信号が受信できるように配置されている。このうち最低4機の衛星から発射される時間信号の到着時間から、それぞれの衛星からの距離を算定して位置を特定する方式。最近では地上の基準局から位置修正情報が併用されるようになって誤差も少なく、クルマ用や携帯用としても普及している。サインポスト方式は、主要道路沿いに設置された無線標識から発信される地点特有の信号を受信して自車位置を確定するもので、ITSの普及のなかで路車間通信のひとつとして補助的に使用されてい<とみられる。

-大車林

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech