MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車用語集
  3. 大車林
  4. 環境/社会/法規
  5. 中国NEV規制

環境/社会/法規 中国NEV規制 New energy vehicles spreading policy in China

  • 2019/12/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国政府は2018年にNEV=新エネルギー車(New energy vehicle、中国語では新能源車)両普及政策を公布した。中国で年間3万台以上の乗用車を生産・販売する完成車メーカーを対象に、2019年は全販売台数の10%、2020年には12%をNEVにしなければならないという規制であり、2019年からは未達成の場合に罰金が課せられる予定。また、2020年以降のNEV販売比率の目標は政府が前年までに決定するほか、罰則についても順次見直しを行う予定。NEVに数えられる車両はBEV(バッテリー式電気自動車)、PHEV(プラグイン・ハイブリッド車)、FCEV(燃料電池電気自動車)の3タイプのみ。世界で唯一、法的拘束力を持った車両動力源の規制である。
 自動車メーカーに対し中国政府は、NEV販売目標をマイナスクレジットの形で命令する。たとえばマイナス1000のクレジットが与えられたら、自動車メーカーはこれを「0」にするよう、任意の組み合わせでNEVを販売する。1台当たりのクレジット数は、BEVが航続距離に応じて2〜5クレジット、PHEVは一律2クレジット、FCEVは最大5クレジット。計算式はBEVが0.012×R+0.8(Rは航続距離)、FCEVが0.16×P(Pは定格出力:kW)。ただし、NEVクレジットを受け取る場合は中国政府が指定した2次電池(繰り返し充電可能なバッテリー)メーカーから電池を調達しなければならない。
 また、中国政府はNEV規制とは別に罰則規定を持ったCAFC(企業別平均燃費:Corporate Average Fuel Consumption)を乗用車メーカーに適用している。CAFCは日米欧のCAFE(Corporate Average Fuel Efficiency)と同義語。未達成の場合は燃費の悪いクルマから順に販売認可が取り消される。NEVで脱化石燃料の車両を推奨し、CAFCでメーカーごとの燃料消費を監視するという二重規制である。さらに、電池提供企業も認可制であり、世界に類を見ない規制である。

-大車林