MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車用語集
  3. エンジンデータブック
  4. 日本メーカー
  5. マツダ
  6. 年次改良を続けRF用縦置きなど多彩なバリエーションを展開[PE-VPS/VPR/VPRRS : SKYACTIV-G 2.0]

直列4気筒 2.0ℓ(マツダ3、マツダ6、CX-5、ロードスターRF etc.)BMEP:12.9bar Roadster RF 年次改良を続けRF用縦置きなど多彩なバリエーションを展開[PE-VPS/VPR/VPRRS : SKYACTIV-G 2.0]

このエントリーをはてなブックマークに追加
PE-VPR(RS)

圧縮比14という数字を掲げ、SKYACTIVが登場したのは2011年のこと。そのうちのガソリン第一弾がG2.0である。圧縮比という概念を膾炙し、エンジンの高効率化を促進した立役者である。当初は高圧縮比のキーデバイスである4-2-1構造の排管を収められるシャシーが間に合わず、当時のアクセラなどに搭載させるために通常排管に変更し、さらにレギュラーガソリン対応もあわせて圧縮比12.0としていたが、SKYACTIVシャシーを用いるCX-5およびアクセラでは4-2-1排管分を取り戻し、13.0でデビューを果たしている。また、2018年7月年に商品改良されたロードスターRFに搭載する縦置きのSKYACTIV-G2.0は、トルク特性の見直し、回転系部品の軽量化、燃焼システムの改善、吸排気までアップデートし、大改良が施された。7500rpmまで最高回転数を引き上げながら低エミッションを実現。先代アクセラに載せられたハイブリッド使用も存在したが、モデルチェンジにともないフェードアウトしている。

右が改良前で左が改良後。2段R化によって形状変更と、取付ボルトの径および長さを縮小・短縮して体積を減らし、41gの軽量化を行なった。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

関連自動車カタログ情報

自動車カタログTOPへ

関連中古車情報

中古車TOPへ