MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車用語集
  3. エンジンデータブック
  4. ドイツメーカー
  5. メルセデス・ベンツ
  6. 新開発直6に48V、ターボ+電動コンプレッサーのハイテク[M256]

直列6気筒3.0ℓ(S、CLS etc.)BMEP:21.8bar S500 新開発直6に48V、ターボ+電動コンプレッサーのハイテク[M256]

このエントリーをはてなブックマークに追加
M256

ダイムラーの乗用車用エンジンとしてはひさびさの復活となる直列6気筒エンジン。ボディの設計と製造技術の進歩から、衝突安全性確保においてエンジン長の短縮の意味が薄れてきたところに、排ガス規制の厳格化にともない後処理装置の大型化、高コスト化傾向が加わったことが直列6気筒復活の主たる理由。ディーゼル版のOM656型とのモジュラーコンセプトにより、寸法要素だけでなく多くの部品を共用としている。4気筒版のM264型と同様、48Vマイルドハイブリッドシステムとの組み合わせを前提とした設計もトピックのひとつだが、こちらはベルト駆動のBSGではなく、クランク後端に固定されるISG(Integrated StarterGenerator)を採用。直列ならではのレイアウト上の利点を生かすかたちで、電動コンプレッサーを用いた複雑なターボシステムも装備している。

ACコンプレッサーも電動(48V駆動)としたベルトレス構造も大きな特長のひとつ。クランク後端に固定されるのはISGのローター部分(ステーターコイルはトランスミッション側)。4気筒版のM264型と同様に2段切り替え式の可変リフト機構「CAMTRONIC」も装備。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

関連自動車カタログ情報

自動車カタログTOPへ

関連中古車情報

中古車TOPへ