Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車用語集
  3. エンジンデータブック
  4. その他の国のメーカー
  5. ランボルギーニ
  6. ランボルギーニの主軸を担う高回転型ユニット[BUJ]

V型10気筒 5.2ℓ(ウラカン) BMEP:14.5bar Huracán Evo BMEP:14.5bar Huracán Evo ランボルギーニの主軸を担う高回転型ユニット[BUJ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
BUJ

■BUJ
気筒配列:V型10気筒
排気量:5204cc
内径×行程:84.5mm×92.8mm
圧縮比:12.7
最高出力:449kW/8250rpm
最大トルク:560Nm/6500rpm
給気方式:自然吸気
カム配置:DOHC
吸気弁/排気弁数:2/2
バルブ駆動方式:ロッカーアーム
燃料噴射方式:PFI+DI
VVT/VVL:In-Ex/×
(Huracán)

ランボルギーニは2003年デビューのガヤルドに載せるべく、V10を新規設計した。このV10は、バンク角が90度であることや、イタリア製スーパーカーにあるまじきロングストロークを採るあたりから、グループ会社であるアウディのエンジンの改変版ではないかと噂された。82.5mmという小径ボアに92.8m mという長いストロークがちょうどアウディのV6に存在する数値だったから、というのが理由だが、このV10は、ボアピッチがアウディのV6やV8が使う90mmではなくて88mmで、クランクピンは等間隔点火となる18度オフセット。一方のアウディは08年にガヤルドのプラットフォームなど、主要素を流用したR8のV8を送り出し、翌年にそのV10版を出した。アウディの5.2ℓ・V10はオフセットなしの5スロークランクを持っていた。そして同じ年にガヤルドはマイナーチェンジを受け、R8と同じ5スロークランクに変わり、ボアピッチも90mmへと伸びた。ここでようやくアウディとランボルギーニの統一が図られ、17年に高性能版のウラカン・ペルフォルマンテがデビューした。

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

関連自動車カタログ情報

自動車カタログTOPへ

関連中古車情報

中古車TOPへ