MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車用語集
  3. エンジンデータブック
  4. その他の国のメーカー
  5. GM
  6. 次世代を担うグローバル・スモールエンジン [Small Gasoline Engine series]

直列3/4気筒 1.0〜1.5ℓ(シボレー・ボルト、シボレー・スパーク、シボレー・マリブ 1.5 etc.) BMEP:21.1bar Chevrolet Malibu 1.5 次世代を担うグローバル・スモールエンジン [Small Gasoline Engine series]

このエントリーをはてなブックマークに追加
L3A

■L3A
気筒配列:超列4気筒
排気量:1490cc
内径×行程:74.0mm×86.6mm
圧縮比:12.5
最高出力:75kW/5600rpm
最大トルク:140Nm/4300rpm
給気方式:自然吸気
カム配置:DOHC
吸気弁/排気弁数:2/2
バルブ駆動方式:ロッカーアーム
燃料噴射方式:DI
VVT/VVL:In-Ex/×
(Chevrolet Volt)

GMの小排気量エンジンは、GMヨーロッパともいうべきオペルが生産量の多くを占めることから、伝統的にオペル主導で開発されていた。本機はフォードのEcoBoost1.0を標的とした新世代軽量エンジンとして2013年に登場、GM新世代の3気筒エンジンとして注目された。シリンダーブロックは鋳鉄からアルミ合金製へ変更され、当初からターボ搭載が考慮されている。3気筒版はバランスシャフトを設け、フォードとの差別化を図っている。ボア径74.0mmは共通で3種のストローク長を組み合わせ、直3/1.0ℓから直4/1.5ℓまで4種の排気量バリエーションを持つ。自然吸気とターボ、ポート燃料噴射と直接噴射が車種によって柔軟に適用されているのも特徴で、実際の機種数はかなり多い。2ステージの可変吸気システムを備えるなど意欲的なエンジンだが、オペルがPSAに売却されたことによりアメリカ向けの採用は4気筒の3機種に減っており、オペル用もPSAの直3/4ターボに機種変更が進んでいる状況である。