東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > ニュース > ホンダが2018年モータースポーツ新体制を発表!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

ホンダが2018年モータースポーツ新体制を発表!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダでは金曜日のプレスデーに、2018年度のモータースポーツの新体制を発表した。多くのプレスを集めたこの発表会、注目は各チームのドライバーラインアップだ。
この日はゲストとして、スーパーGT500クラスの5チームの監督と選手がステージに登場。鈴木亜久里監督率いるARTAの野尻智紀選手と井沢拓也選手。チームムゲンの武藤英紀選手と中嶋大祐選手。ケーヒンリアルレーシングの塚越広大選手と小暮卓史選手。エプソンナカジマレーシングは中嶋悟監督とベルトラン・バゲット選手、松浦孝亮選手。そしてチームクニミツからは山本尚貴選手とジェンソン・バトン選手。そうそうたるメンバーがそろったホンダの2018年は、逆襲の年になりそうな予感大だ!

注目ドライバーのひとりは元F1ドライバーのジェンソン・バトン選手。昨年は第6戦のみのスポット参戦ながら、さすがの実力を発揮してコース内外で話題になったけど、今年はフル参戦が期待されている。会場でもにこやかな表情でカメラマンにサービスしていた姿は、大物の貫禄と余裕を感じさせてくれました!

ブースにはNSX GT3をはじめとする、レースカーや市販車など多くの車両も出展されている。憧れのマシンを目の前でチェックできるこの機会を逃す手はない! ホール5の壁側の大きなステージがホンダブースだよ!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る