東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > DIXCELは展示車両で社のスピリッツを表現!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • Dee’s Club

DIXCELは展示車両で社のスピリッツを表現!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブレーキパッドやブレーキディスクなどなど、ブレーキパーツメーカーの老舗ディクセルに展示されたのは、2017年モデルのBMW・ACシュニッツァーACL2と、1975年モデルのTOYOTA・セリカだ。
 このチョイスはなんでなんだろ〜な〜と広報の金谷さんに聞いてみると「新しい車種はもちろんなんですけど、ヴィンテージカーといわれるような古かったりマニアックな車種のラインナップも拡大させていきたいからなんです。最近だとトヨタの2000GTのブレーキディスクも作りましたね」と、社の方針を教えてくれた。
 新製品としては下記で紹介するブレーキパッドとブレーキフルードがある。
 ちなみに中央でブレーキパッドを持っているのは、2017年ディクセガールズの宮瀬七海さんだ。


車検交換やストリートユースを想定したうえ、価格も6000円からというコストパフォーマンスも高いES。ストリートからサーキットまでカバーする中上級者向けのZ。今春発売予定として展示されていたSSは、ちょうどその中間をカバーする製品。グラファイト・メタリックを素材として適正温度は0〜700℃。価格は前後とも1万2000円を予定している。

そしてもひとつの新製品がこちらのブレーキフルード。ラインナップにある328レーシングとブレーキフルードDOT5.1のうえに位置し、レーシングユース専用のDIXCELウルトラレーシングだ。GT3/4マシンや耐久レースなどでの使用を想定しているだけあって、高温時でもブレーキタッチの変化率が少なく安定しているため、長丁場のレースでも安定したブレーキングに貢献する。


DIXCELブースは中ホールの6にあり!


自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る