東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > ORIGIN Labo.の新作フェンダーが揃って片側75mmワイドの理由とは?【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/14
  • Dee’s Club

ORIGIN Labo.の新作フェンダーが揃って片側75mmワイドの理由とは?【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドリフト用パーツをメインに扱うORIGIN Labo.(オリジンラボ)のブースの前には新作の超ワイドなエアロをまとったドリ車が2台。両方ともフロント・リヤフェンダーに片側75mmワイドのフェンダーが装着されているんですが、この75mmという数字に理由があるって知ってました?

ズバリ答えを言っちゃいますが、ドリフト競技のトップカテゴリであるD1GPのレギュレーションで最大限にワイドにできる幅が片側75mmなんです。
かつてはフェンダーからタイヤがハミ出していたりしていてもOKでフェンダーに関して特別な規定は設けられてなかったのですが、フロントロアアームの延長や切れ角アップの逃げ対策、タイヤ幅のワイド化などがエスカレートしたことが影響し、フェンダーの出幅を決めてタイヤもその内側におさめる規制がスタートしたのです。
そして、その出幅が純正プラス片側75mmってわけですね。

こちらはそのD1GPで活躍する唄 和也選手のニッサン・180SX。
オリジンラボのアタックラインフルエアロに前後片側75mmワイドフェンダーの組み合わせ。

こちらは女性ドライバーの藤田 恵里沙選手のトヨタ・チェイサーJZX100。
オリジンラボのレーシングラインフルエアロに前後片側75mmワイドフェンダーの組み合わせです。

豪華景品のガラポンもあるオリジンラボブースは北ホール11にありますよー!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る