東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ
TOP > 東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ > 展示車両&パーツ > NAロードスターを彷彿とさせるハードトップ。オールカーボン製で軽い!マツダ ロードスター DROP-HEAD COUPE CONCEPT【東京オートサロン2019】
  • 2019/01/11
  • MotorFan編集部

NAロードスターを彷彿とさせるハードトップ。オールカーボン製で軽い!マツダ ロードスター DROP-HEAD COUPE CONCEPT【東京オートサロン2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダ ロードスター DROP-HEAD COUPE CONCEPT
今日(1月11日)から幕張メッセでスタートした東京オートサロン2019。マツダ ロードスター DROP-HEAD COUPE CONCEPTには、デタッチャブルハードトップが装着されていた。

 マツダ・ブースに展示してあるマツダ ロードスター DROP-HEAD COUPE CONCEPT。注目ポイントは、取り外し可能なデタッチャブルハードトップ。初代ロードスターにも設定されていたパーツだが、現行NDロードスターには設定がない。それもそのはずで、現行(そして先代NC型)ロードスターには、RFというリトラクタブルハードトップのモデルがあるのだ。
 しかし、RFだと、どうしてもオープンにしたときの「オープン感」が薄い。ここはやはりNAロードスターにあったデタッチャブルハードトップでしょう、というわけで、今回のコンセプトモデルとなったわけだ。

 このデタッチャブルハードトップ、オールカーボン(CFRP)製だから、軽い! 初代のデタッチャブルハードトップは、重くて筋肉自慢の男性でないと「楽に脱着できます」とは言えなかった。今回のカーボン製ならきっと脱着も相当に楽なはず。
 
 このDROP-HEAD COUPE は、コンセプトだから市販されるかは未定。今回の東京オートサロンでの反響次第、というところだろう。



マツダ・ブースにある新型Mazda3は2.5ℓのSKYACTIV-G2.5。新色ポリメタルグレーのMazda3 CUSTOM STYLEを見逃すな【東京オートサロン2019】

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る