東京オートサロン2019特設ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2019特設ページ
TOP > 東京オートサロン2019特設ページ > 展示車両&パーツ > 最古のベントレーを支えたダンロップ〈Bentley 3LitreとDunlopタイヤ〉【東京オートサロン2019】
  • 2019/01/12
  • MotorFan編集部

最古のベントレーを支えたダンロップ〈Bentley 3LitreとDunlopタイヤ〉【東京オートサロン2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月11日(金)〜13日(日)の3日間、千葉県の幕張メッセで開催されている東京オートサロン2019に、今年で創立100周年を迎えたベントレーの最初のモデルが展示されている。「Bentley 3Litre」と呼ばれるもので、製造されたのは1921年だ。24年の第2回ル・マン24時間レースで勝利したモデルと同型で、製造年も同じもの。その足元を支えたのがダンロップ製タイヤだった。

 喧噪が渦巻く「東京オートサロン」会場のなかにあって、この空間だけがまるで静謐な空気に包まれているようだ。最古のベントレーである「Bentley 3Litre」が、ダンロップのブースに鎮座しているのだ。

 製造されたのは1921年で、24年の第2回ル・マン24時間レースで勝利したモデルと同型&同年式のモデルである。その足元を支えたのがダンロップ製タイヤだったという。

最古のベントレーの足元を支えたダンロップ製タイヤ。
サイドウォールにはしっかり「DUNLOP」の文字が。

 そのル・マン24時間レースを制したのはJ.ダフとF.クレメントで、人々は尊敬と親しみを込めて彼らを「ベントレーボーイズ」と呼んだ。

 当時のタイヤには低圧でも剛性を保つことが求められており、ベントレーの優勝を支えたダンロップは、さしずめラガーマンのような強さと評されたそうだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
オートモーティブジョブズ

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る