東京オートサロン2019特設ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2019特設ページ
TOP > 東京オートサロン2019特設ページ > 展示車両&パーツ > スズキ・アルトワークスの新ボディカラーはMotoGPのブルー?【東京オートサロン2019】
  • 2019/01/12
  • MotorFan編集部

スズキ・アルトワークスの新ボディカラーはMotoGPのブルー?【東京オートサロン2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月11日(金)〜13日(日)の3日間、千葉県の幕張メッセで開催されている東京オートサロン2019。そのスズキブースに、新色であるブリスクブルーメタリックのアルトワークスが展示されている。鮮烈なカラーでとてもカッコイイのだが、これ、何かに似ているのだ。

チームスズキ・エクスターのワークスカラー?

 ジムニーが注目を集めるスズキブースの中にあって、鮮烈なブルーのカラーが存在感を放っているアルトワークスがある。2018年12月に追加されたばかりのブリスクブルーメタリックだ。

 とにかく鮮やかで、アルトワークスに最も似合っている色とも思えるのだが、なぜにそう感じるのか考えると、ひとつの理由が思い浮かんでくる。

 MotoGPのワークスチームである「チームスズキ・エクスター」のカラーリングにそっくりなのだ。

 ほら、このとおり。スズキの二輪のフラッグシップモデルであるGSX-R1000Rのイメージカラーもこのブルーだし、道理でアルトワークスにも似合うわけだ。まぁ、だったら最初からラインナップしてれば良かったとも思うのだが……。

 いずれにせよ、このボディカラーはとっても綺麗。カタログではなかなか本当の色合いはわからないものだから、幕張メッセで実物を自分の目で確かめる価値はあるだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
オートモーティブジョブズ

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る