東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ
TOP > 東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ > 展示車両&パーツ > 【TAS2019ブース探訪(トムス編)】“ブレない”トムス流でカローラスポーツとクラウンをカスタマイズ!
  • 2019/01/12
  • Motor Fan illustrated編集部

【TAS2019ブース探訪(トムス編)】“ブレない”トムス流でカローラスポーツとクラウンをカスタマイズ!

Booth No.西ホール3

このエントリーをはてなブックマークに追加
レーシングテクノロジーをフィードバックしたプロダクトで、トヨタやレクサスを仕上げるトムス。
今年は、カローラスポーツとクラウンをブラッシュアップさせた。

 2019年の東京オートサロンで、トムスが手がけたのは、トヨタの最新FFライトウェイトスポーツ「カローラスポーツ」と、スポーツセダンに変身を遂げた「クラウンRS」の2台だ。

 外装は、ノーマルのキャラクターを生かしつつ、“走り”を感じさせるデザインは、トムスが得意とするカスタマイズ方法だが、それは今年もブレていないようだ。フロント、サイド、リヤにダウンフォース効果を発揮するディフューザーを装着。走りを強調するロー&ワイドを実現しながら、全体的にはシックにまとまっていて、大人でも躊躇なく乗れるデザインとなっている。

 また、エンジンライトチューニングに加え、好評の強化サスペンションとボディ補強パーツにより高めたシャシーは、レーシングチームを持つトムスならではのテクノロジーを注入してまとめあげている。

 この2台はいずれもコンプリートカーとして販売を行なう。TOM’S E164 COROLLA SPORTは371万2700円、TOM’S S220 CROWNは719万2300円(ともに税抜価格)。

TOM’S E164 COROLLA SPORT
TOM’S S220 CROWN

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る