東京オートサロン2019特設ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2019特設ページ
TOP > 東京オートサロン2019特設ページ > 展示車両&パーツ > 【TAS2019ブース探訪(ブリッツ編③)】加速しないハイエース・ガソリン車用に、スーパーチャージャーをボルトオン
  • 2019/01/12
  • Motor Fan illustrated編集部

【TAS2019ブース探訪(ブリッツ編③)】加速しないハイエース・ガソリン車用に、スーパーチャージャーをボルトオン

Booth No.西ホール1

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブリッツのブースには、荷台にバイクを搭載したハイエースが展示されていた。昨年の東京オートサロンで参考出品していたハイエースの2.7ℓガソリン車用のスーパーチャージャーキットが、今春ついに市販化されることになったのだ。

「ハイエースのガソリン車は、ディーゼル車に比べて走らない」というのは定説になっているため、荷物も積めて走りも重視する目的でハイエースを選ぶ人は、圧倒的にディーゼル車を選択する。

 そんな力不足のガソリン車オーナーに向けてブリッツが開発したのが、コンプレッサーシステム・ハイエース(2.7ℓモデル)、いわゆるスーパーチャージャーだ。

 スーパーチャージャーは、エンジンのクランクシャフトからVベルトによってダイレクトに動力を確保するため、排出ガスを利用するターボチャージャーに比べて、過給までのターボラグがなく、どの回転からも瞬時に過給を得ることができる。ハイエースのように、低回転でのトルクを必要とする車両はピタリってワケだ。ルーツ式のスーパーチャージャーを採用するブリッツのコンプレッサーシステムは、直結のため、アクセルを踏んだ瞬間から過給がかかり加速をアシストする。

 スペックを見ても、最大出力は139.7ps→168.4psで28.7psアップ、最大トルクは211.8Nm→254.9Nmで43.1Nmアップとなっている。3000rpm付近で純正のトルクを比較しても、約40Nmアップしているそうで体感効果も大きいとのこと。ボルトオン設計だから取り付けもスムーズなのも利点だ。

特殊コーティングを施した中空ローターにより、鋭いレスポンスを発揮する。2.7ℓモデル専用品。2015年1月以降の6AT車に対応する。
専用のフューエルコントローラーが付属してるため、ECUのセッティングは不要。
ハイエースをトランポとして活用しているが多い。バイクを2台とか積むとなんやかんで200kg重くなってしまう。さらにトルク不足を感じ、勾配では坂を登らないなんてことも。こういう場面でのスーパーチャージャーの効果は大きいはずだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
オートモーティブジョブズ

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る