東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ
TOP > 東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ > 展示車両&パーツ > 「STIパフォーマンスパッケージ」のピンストライプに萌える
  • 2019/01/13
  • MotorFan編集部

「STIパフォーマンスパッケージ」のピンストライプに萌える

スバおた代表にゃんちゅうの「オートサロンで見つけた垂涎グッズ」ご紹介~その2~

このエントリーをはてなブックマークに追加

S208の中でも最上級グレードに使用されていたクールグレーカーキに身を包んだ、カスタムパーツ装着モデルのレヴォーグはブース内でひときわ目立つ存在です!

エクステリアをはじめ、目に見えない走行性能に関わる箇所までふんだんにSTIパーツを装着した今回のモデルには、通常「STIパフォーマンスパッケージ」装着車のみに与えられる非売品のステッカーと、STIのピンストライプが貼られていました。

この非売品のステッカーは、フェンダー部に通常ならまっすぐの角度で貼られているのに、このレヴォーグに貼られているものは、なんだか斜めな気がする、、、

そう、実は、ピンストライプはボディのプレスラインに沿ってリヤへと絶妙に上がりながら貼られていて、この角度に合わせて、非売品ステッカーを貼った方が角度が揃ってスタイリッシュに見える、という結論に至ったそう。少しだけど貼り方に角度がつけられていたのだ!!

なぜ、もっと早くに気づかなかった!? と突っ込みたくなってしまうが、これからステッカーとピンストライプを同時に装着予定の方がいたら、ぜひ参考にしてもらいたいポイントです!!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る