モーターファンフェスタ2018|MotorFan[モーターファン]

モーターファンフェスタ2018
TOP > モーターファンフェスタ2018 > 出展車両 > フェラーリF187/288GTOエボルツィオーネ/F40LMが「モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ」グリッドウォークのために現地入り!
  • 2018/04/21
  • 遠藤正賢

フェラーリF187/288GTOエボルツィオーネ/F40LMが「モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ」グリッドウォークのために現地入り!

1980年代のレーシングシーンを華やかに駆け抜けた至高の名馬たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
(手前より)フェラーリF187、288GTOエボルツィオーネ、F40LM
「モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ」がいよいよ明日、4月22日(日)9:00より開催される(開場は8:00~)。現地には早くも、14時スタートのメインイベント「グリッドウォーク」に参列する世界の名車たちが続々と集まり始めた!
フェラーリF187

「グリッドウォーク」の先頭を飾る「フェラーリF187」は、スクーデリア・フェラーリが1987年シーズンに投入したF1マシン。搭載エンジンは1.5L 90度V6ターボとなる。同シーズンはゲルハルト・ベルガーが鈴鹿・日本GPを含めて2勝をあげ、オーストラリア最終戦ではミケーレ・アルボレートとの1-2フィニッシュを決めている。

フェラーリF187
フェラーリ288GTOエボルツィオーネ

次に控える「フェラーリ288GTOエボルツィオーネ」は、グループBのホモロゲーションモデルとしてごく少数が生産された288GTOをベースに、さらにアグレッシブなコンペティションモデルに仕上げた1台。2.8L V8エンジンをツインターボで過給し、最高出力は650psとも。総生産台数は僅か6台と言われている。

フェラーリ288GTOエボルツィオーネ
フェラーリF40LM

セカンドローにつける「フェラーリF40LM」は、フェラーリ社の創立40周年を記念してリリースされたスペチアーレ(限定モデル)ストラダーレ(ストリートモデル)であるF40を、ル・マン参戦用にミケロットが仕上げたモデル。だがル・マン参戦は叶わず、IMSA GTに参戦した。同仕様の生産台数は最終的に17台とされている。

フェラーリF40LM

この「フェラーリF187」「フェラーリ288GTOエボルツィオーネ」「フェラーリF40LM」を含む67台の名車が富士スピードウェイ・レーシングコースのホームストレート上に姿を表す「グリッドウォーク」は、明日4月22日(日)14:00~15:00に行われる(セレモニーは13:20~14:00)。クルマ好きなら明日は富士スピードウェイへ行くしかない!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る