【WEC】2台の新型「アストンマーティン ヴァンテージ GT3」がLMGT3クラスに参戦

WEC新カテゴリーのLMGT3クラスで「アストンマーティン ヴァンテージ GT3」が王座獲得を目指す「9マニュファクチャラーの激闘」

D'ステーションは、これまでチームを率いてきた藤井誠暢がマネージングディレクターに専念。ワークスドライバーのマルコ・ソーレンセンが加入した。
2024年シーズンのWECに、アストンマーティンは、D’ステーション・レーシング(写真)とハート・オブ・レーシングが、2台の新型「ヴァンテージ GT3」を投入する。
アストンマーティンは、3月2日に決勝レースが行われるFIA 世界耐久選手権(WEC)開幕戦「カタール1812kmレース」に2台の新型ヴァンテージ GT3を投入する。今シーズンから新たに導入されたLMGT3クラスには9つのマニュファクチャラーが参戦しており、アストンマーティンは、ハート・オブ・レーシングとD'ステーション・レーシングが、チャンピオン獲得を狙う。

Aston Martin Vantage GT3

ドライバーを刷新したD’ステーション

D'ステーションは、これまでチームを率いてきた藤井誠暢がマネージングディレクターに専念。ワークスドライバーのマルコ・ソーレンセンが加入した。
D’ステーションは、これまでチームを率いてきた藤井誠暢がマネージングディレクターに専念。ワークスドライバーのマルコ・ソーレンセン(写真中央)が加入した。

カタールのルサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるWEC開幕戦カタール1812kmレースに、アストンマーティンは2台の新型ヴァンテージ GT3をエントリー。ハート・オブ・レーシング 27号車をイアン・ジェームス、ダニエル・マンチネッリ、アレックス・リベラスがドライブし、日本のD’ステーション・レーシング 777号車はクレメント・マテウ、エルワン・バスタード、マルコ・ソーレンセンがステアリングを握る。

2024年シーズンのWECは、今週末のカタールを皮切りに、イモラ、スパ・フランコルシャン、ル・マン、インテルラゴス、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、富士スピードウェイ、バーレーンの8戦を転戦。新たに導入されたLMGT3クラスには、アストンマーティンの2台を含め、9メーカー、18台が揃うことになった。

新型ヴァンテージ GT3は、数々のタイトルを獲得してきた先代の流れを汲みつつ、今月初めに発表された新型ヴァンテージのロードカーをベースに開発。サスペンションを刷新したボンデッド・アルミニウム製シャシーに、4.0リッターV型8気筒ツインターボ、ノーズからテールまで一新したエアロダイナミクスが組み合わせられた。

日本を拠点とするD’ステーション・レーシングは、2021年からチームの要として活躍してきた藤井誠暢がマネージングディレクターに専念。チーム代表の星野敏は6月のル・マン24時間レースのみに参戦することを受けて、3度のWECタイトル獲得経験を持つワークスドライバーのソーレンセンが新加入した。ソーレンセンとバスタードが全戦にエントリーし、マテウは星野がドライブするル・マン以外でサードドライバーを務める予定だ。

米国からWEC制覇を狙うハート・オブ・レーシング

昨年からWECプログラムをスタートしたハート・オブ・レーシングは、2024年が初のWEC参戦フルシーズンとなる。米国を拠点とし、すでにIMSA開幕戦デイトナ24時間を戦っている。
昨年からWECプログラムをスタートしたハート・オブ・レーシングは、2024年が初のWEC参戦フルシーズンとなる。米国を拠点とし、すでにIMSA開幕戦デイトナ24時間を戦っている。

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権でのタイトル獲得経験を持つハート・オブ・レーシングは、初のWECフルシーズンに挑むことになった。アメリカを拠点とする同チームは、チーム代表のイアン・ジェームスを筆頭に、マンチネッリとリベラスという、2023年と変わらないラインナップを敷く。

アストンマーティンの耐久モータースポーツ責任者を務めるアダム・カーターは、新型ヴァンテージ GT3のデビュー戦に向けて次のように意気込みを語った。

「どのようなレーシングカーであれ、世界選手権デビューは特別な瞬間となります。成功した先人たちの血統から生まれた最新世代のヴァンテージ GT3に、私たちは大きな期待を寄せています。今シーズン、WECとル・マンの両方で成功を目指すD’ステーション・レーシングとハート・オブ・レーシングをサポートするため、私たちはできる限りのことをしていくつもりです」

「どんな新しいレーシングカーでもそうですが、最初は学ぶことが多くなるでしょう。それでも、私たちはタイトルを獲得してきたベースを持っています。すべての領域で大幅にアップデートされた製品を提供するため、過去数年間で学んだすべてのことが、新型ヴァンテージ GT3には投入されています。これからは、世界最高峰のGTメーカーを相手に、究極のテスト環境に入ることになるでしょう。エキサイティングなシーズン開幕が待ちきれません」

ル・マン24時間レースのLMGT3クラス初制覇を狙い、フェラーリは5台の296 LMGT3をエントリーさせた。

フェラーリがル・マン24時間の完全制覇を狙って「296 LMGT3」5台を「499P」と共に投入

2024年6月15〜16日にかけてフランスのサルト・サーキットを舞台に開催される、世界耐久選…

キーワードで検索する

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部