クルーのアーカイブで発見された外板色のルーツ

ベントレーのボディカラーに見る先見性。1930年代から続く「色褪せぬ色」とは

ベントレーのヘリテージカラーの一例。セージグリーン
ベントレーのヘリテージカラーの一例。セージグリーン。
英国クルーに拠点を置くベントレーのデザイン部門は、2021年に70周年を迎えた。その節目を記念してアーカイブを調査したところ、現在ベントレー車に採用しているボディカラーの“起源”が発見されたという。なかには1930年代にまでルーツを遡ることができるカラーリングもあり、90年以上の時を経た現代的な車両にまで似合う色合いを、当時のデザイナーが作り出していたことが判明した。

「色」にみるベントレー車のヘリテージ

ベントレー車のカラーラインナップ
ベントレーはビスポークオーダー向けに多彩なボディカラーをラインナップしている。その種類の多さ、塗装技術の高さは自動車メーカー屈指、とベントレーは謳う。

2021年に70周年を迎えたベントレーのデザイン部門は、そのアニバーサリーイヤーを記念して、過去から現代までを繋ぐベントレーデザイン史を様々な形で発信している。今回発表されたのはとりわけユニークな“調査報告”だ。

伝統を大切にするベントレーらしく、いまから90年以上も前のボディカラーを発掘。そして、選び抜いたクラシックなヘリテージカラーを、特別なマリナーモデルのボディカラーとして復刻させる。

英国王室用ベントレーに使用する特別なカラー

ベントレーのヘリテージカラーの一例。ダブグレー。サイドビュー
ベントレーのヘリテージカラーの一例。1930年代という最古のルーツをもつダブグレー。ミルキーな風合いをもつ独特の色味が特徴。

ベントレーで最も長い歴史をもつ色のひとつが、「ダブグレー(Dove Grey)」。ミルキーな淡い風合いの上品なグレーは、1930年代、ダービー時代のベントレー車に採用されていた。

英国女王エリザベス2世の在位50周年記念(ゴールデン・ジュビリー)のために特別に設計されたベントレー ステートリムジンがまとっていたのは、「クラレット」と呼ぶ優雅な2トーンカラー。この色合いは、1940年代以降のすべての王室用ベントレーに使用されている「ロイヤルクラレット」に着想を得て生み出されたものだという。

朝焼けに照らされる雲のように優しい色味の「オールド イングリッシュ ホワイト」は1950年代に誕生。また、ベントレーのカラーラインナップのうち最も深いブルーのひとつ、「オックスフォード ブルー」は1960年代に生まれた。

英国女王エリザベス2世の在位50周年のために、特別に作られたベントレー ステートリムジン。(AP Archive)

アンティークな陶器を思わせるセージグリーン

ベントレーのヘリテージカラーの一例。セージグリーン。フロントビュー
ベントレーのヘリテージカラーの一例。英国のアンティーク陶器を思わせる、清潔感と知的な雰囲気を宿すセージグリーン。

15色以上ものカラーが50年超にわたり現役で活躍しているのも今回発見された事実。これらのカラーはビスポークオーダー「マリナー パーソナル コミッション ガイド」を通じて注文することができる。とりわけ英国的なのが、アンティークな陶器を思わせる「セージグリーン」。知性と清潔感を漂わせる独特の緑は、新型フライングスパーのようなモダンなスポーツサルーンにも不思議とよく似合う。

ベントレーといえば、走りや贅沢なしつらえに象徴される老舗の名門だが、「色」への並々ならぬこだわりをもつメーカーとしても知られている。自動車メーカーの中でも最大級のカラーラインナップを誇るのはもちろん、熟練した職人技と先進のテクノロジーを融合した塗装技術の高さはベントレー車の美点だ。今回の“調査報告”は、その独特の感性と美意識を裏付けるものだった。

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…