改良新型のアウディ R8 RWDはプラス30psの570psへ

アウディ R8のRWDモデルがパワーアップ! 自然吸気V10を味わい尽くせるスーパースポーツ

アウディ R8 クーペ V10 performance RWDのフロントビュー
アウディ R8 クーペ V10 performance RWDのフロントビュー。
アウディは2021年10月7日、「R8 V10 RWD」の改良新型モデル、「R8 V10 perfomance RWD」を発表した。エンジンの最高出力をプラス30psの570psとし、バケットシートやセラミックディスクブレーキなどを用意。後輪駆動モデルならではのコントロールする楽しさを追求するとともに、よりスポーティな1台としてアップデートした。

Audi R8 V10 performance RWD

出力はプラス30ps、トルクはプラス10Nm

アウディ R8 V10 performance RWDのクーペおよびスパイダー
アウディはR8 V10の後輪駆動モデルを改良し、「R8 V10 performance RWD」として発売する。クーペ及びスパイダーの2ボディをラインナップ。

アウディのスーパースポーツ、R8の後輪駆動モデルがアップデートした。改良新型には“performance”の名が謳われるとおり、最高出力は従来比で30psアップの570psまで向上。バケットシートやセラミックディスクブレーキなどをオプション設定するとともに、後輪駆動のR8ととしては初となる4輪操舵システムも搭載している。

「R8 V10 performance RWD」はクーペ、スパイダーの両方をラインナップ。0-100kmh加速は3.7秒(スパイダーは3.8秒)を記録、最高速度は329km/h(同327km/h)に達するという。搭載する5.2リッター自然吸気V型10気筒FSI(Fuel Stratified Injection=筒内噴射成層燃料エンジン)ユニットは、最高出力570ps/最大トルク550Nm(従来比10Nmアップ)を発生。7速Sトロニックを介して後輪を駆動する。

R8 RWDとしては初の4輪操舵システムを搭載

アウディ R8 V10 performance RWDに搭載する5.2リッターV10 FSI エンジン
アウディ R8 V10 performance RWDに搭載する5.2リッターV10 FSI エンジン。最高出力は570ps/8000rpm、最大トルクは550Nm/6400Nm。

ボディはすべてのR8モデルと同様、アルミニウムを使ったアウディスペースフレームで構成し、CFRP製のパーツを積極的に使用。車重はクーペで1590kg、コンバーチブルで1695kgと、クワトロモデルより軽いのが大きなアドバンテージとなる。

サスペンションをはじめとしたダイナミクス機構は、後輪駆動モデル専用に調整済み。ESCのスポーツモードを選択すると、サスペンションのセットアップやコントロールシステムはドリフト走行向けに制御される。また、4輪操舵システムを搭載するため、ワインディングなどコーナリングではよりダイレクトな操舵感に。さらに、駐車時などの低速走行時の取り回しも向上している。よりパワーアップした走りに合わせて、セラミックディスクブレーキもオプションに設定した。

価格は邦貨約1930万円から

アウディ R8 スパイダー V10 performance RWDのリヤビュー
アウディ R8 スパイダー V10 performance RWDのリヤビュー。4輪操舵システムも搭載し、より操舵性能を高めたR8 RWDは2021年10月21日より本国で受注をスタートする。

改良新型R8 V10 performance RWDは、ドイツ・ネッカーズルムにあるべーリンガーホフ工場で生産される。ここでの生産プロセスの大部分は、熟練のスタッフによる手作業。また、レースカーのR8 LMS GT4も同じ場所で製造されており、パーツの約60%を市販モデルと共有しているのも特徴だ。

改良新型R8 V10 performance RWDは、2021年10月21日より本国で受注をスタートする。価格はクーペが14万9000ユーロ(約1930万円)、スパイダーが16万2000ユーロ(約2100万円)。日本での発売時期については現時点(2021年10月)で未定。

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…