ジェームズ・ボンドやゴールドフィンガーのフィギュアが付属するプレイモービル製DB5発売

劇中のギミックを完全再現! プレイモービルにボンドカー仕様のアストンマーティン DB5が登場 【動画】

劇中のギミックを完全再現! プレイモービルにボンボカーの仕様アストンマーティン DB5が登場!
プレイモービル「70578 ジェームズ・ボンド アストンマーティン DB5 ゴールドフィンガー・エディション」
ドイツ・ゲオブラ・ブランドシュテーター社が展開する子供用玩具「プレイモービル(PLAYMOBIL)」に、ジェームズ・ボンド仕様のアストンマーティン DB5が登場。日本を含む世界各国で10月から販売がスタートする。

James Bond Aston Martin DB5 Goldfinger Edition

ゴールドフィンガーでデビューしたDB5

劇中のギミックを完全再現! プレイモービルにボンボカーの仕様アストンマーティン DB5が登場!
007シリーズ3作目『007 ゴールドフィンガー』において、作中で「Q」が開発したジェームズ・ボンドの愛車として登場したアストンマーティン DB5。今回、初めてプレイモービル化することになった。

映画史において最も象徴的な劇中車の1台、ボンドカー仕様のアストンマーティン DB5がプレイモービルのラインナップに加わった。今回プレイモービル化されたのは、1964年公開の『007 ゴールドフィンガー(Goldfinger)』仕様。映画の権利を持つIMGがアストンマーティンとライセンス契約を締結したことで、初めてボンドカーがプレイモービルとなって販売されることになった。

特徴的な丸型ヘッドライトや流麗なクーペスタイルなど、DB5の特徴的なフォルムを完全に再現。クラシカルなエレガンスと洗練されたディテールは、007ファンだけでなくアストンマーティンを愛するエンスージアストも満足できるクオリティを実現している。

ジェームズ・ボンドの3作目となる『007 ゴールドフィンガー』は、ショーン・コネリー演ずるジェームズ・ボンドが、女王陛下のシークレット・サービスとして、オーリック・ゴールドフィンガーと対決。この作品から、アストンマーティン DB5がボンドカーとして登場し、続く『007 サンダーボール作戦(Thunderball)』をはじめ、多くの007ムービーでその勇姿を披露している。

様々なギミックに加えて4体のフィギュアも付属

劇中のギミックを完全再現! プレイモービルにボンボカーの仕様アストンマーティン DB5が登場!
ボンドカーとしての様々な装備がギミックとして搭載されているほか、ジェームズ・ボンドやゴールドフィンガーを含む4体のフィギュア、さらに金の延棒も付属する。

プレイモービルが開発した「70578 ジェームズ・ボンド アストンマーティン DB5 ゴールドフィンガー・エディション」は、前後バンパーやグリルに目を惹くクロームパーツを多数採用。作品内と同じように「Q」が開発した特別なガジェットを装備した。

ハイライトは、射出機能を採用した助手席シート。エキゾーストパイプを押すと、ボンドの敵がルーフから宙へと飛び出す。さらに、回転式ナンバープレート、ヘッドライトに隠されたマシンガン、格納式タイヤスラッシャー、攻撃用バンパーガード、リヤウインドウ後方の格納式防弾シールドなど、実際に手にとって遊べるアクションが満載となっている。

さらに、ジェームズ・ボンド、ゴールドフィンガー、オッドジョブ、ゴールドフィンガーの部下という4体のフィギュアも付属。日本での発売は10月中を予定しており、価格は1万3000 円(税込)。大手玩具店のほか、下記公式ショップからも購入することができる。

アストンマーティン DB5 ジュニア ノー・タイム・トゥ・ダイ仕様のフロントビュー

2/3スケールの『ノー・タイム・トゥ・ダイ』仕様ボンドカー発売! ギミック満載の電動ミニカー

英国で超本格派のミニチュアカー製作を手掛けるリトルカーカンパニー(Little Car Co…

アストンマーティン、007シリーズ最新作『No Time To Die』のテレビスポットCMを公開、DB5を収めた巨大な「コーギーボックス」も登場

アストンマーティン、ミニカーのDB5を実車で再現! 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開を記念して新旧ボンドカーも展示 【動画】

映画007シリーズの25作目となる『No Time To Die(邦題:007/ノー・タイム…

【関連リンク】
・プレモストア(プレイモービル 公式)
https://www.playmo-store.jp/007/

プレイモービル アストンマーティン DB5 007仕様を動画でチェック!

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部