2110mmのワイドボディを与えたF8 スパイダーのコンプリートモデル

フェラーリ F8 スパイダーをよりワイドに! ノヴィテックから「F8 N-LARGO スパイダー」デビュー 【動画】

世界限定15台のワイドボディ仕様、ノヴィテックから「F8 N-LARGO スパイダー」がデビュー
迫力のワイドボディが与えられたノヴィテック F8 N-LARGO スパイダーのエクステリア。
フェラーリやランボルギーニなど、スーパースポーツのチューニングカーを展開するドイツのノヴィテック(NOVITEC)は、「フェラーリ F8 スパイダー」をベースに大胆なワイドボディを与えたコンプリートカー「F8 N-LARGO スパイダー」を発表した。ノヴィテックが手掛けたこのスペシャルなF8 スパイダーは、世界限定15台のみのリリースとなる。

NOVITEC Ferrari F8 N-LARGO SPIDER

ヴィットリオ・ストロセクトが手掛けた空力パーツ

世界限定15台のワイドボディ仕様、ノヴィテックから「F8 N-LARGO スパイダー」がデビュー
2021年7月に投入された F8 トリブート N-LARGOに続き、スパイダー仕様が登場。クーペと同様にヴィットリオ・ストロセクトがエアロダイナミクスのデザインを担当した。

フェラーリ F8 トリブートをベースとする「ノヴィテック F8 トリブート N-LARGO」は2021年7月にデビュー。発表後、数日で限定15台がソールドアウトした。そして今回、ノヴィテックはF8 スパイダーをベースとした「F8 スパイダー N-LARGO」を限定15台でリリース。スパイダーに採用されたN-LARGOのカーボンファイバー製ボディワークは、リヤアクスルの全幅が2110mmにも達し、イタリア製ミッドエンジンスポーツカーのエクステリアをよりワイルドに際立たせている。

ノヴィテックはこれまでのN-LARGOシリーズと同様に、ドイツのカーデザイナー、ヴィットリオ・ストロセクト(Vittorio Strosek)と協業。カーボンファイバー製パーツをふんだんに使用し、軽量ボディワークキットの開発に取り組んだ。その大胆なボディ形状は、風洞施設を積極的に活用することでレーシングカーにも互する空力性能を獲得。さらにイタリアン・スーパーツポーツに相応しいエキサイティングなアピアランスも手にした。

ボディワークの開発においては、見た目の美しさだけでなく何よりもエアロダイナミクスの最適化に重点が置かれた。新たに装着された「ノヴィテック N-LARGOフロントフェイシア」は拡幅化されたワイドフェンダーの輪郭にピタリと寄り添い、より印象的なキャラクターを生み出している。

サイドに追加されたスポイラーリップは、高速走行時のドラッグレベルを最小限に抑える効果を持つ。「N-LARGOリヤフェイシア」にはレーシーなディフューザー処理が施されており、リヤフレアへと均質にエアを導く形状が与えられた。リヤセクションにはダックテール形状のカーボン製リヤスポイラーが装着されており、高速走行時のダウンフォースレベルを大幅に向上させている。

ECUチューンにより最高出力818psを発揮

世界限定15台のワイドボディ仕様、ノヴィテックから「F8 N-LARGO スパイダー」がデビュー
3.9リッターV型8気筒ツインターボに、ECUチューンの「ノヴィテック Nトロニック・コントロールモジュール」を装着。最高出力818psというビッグパワーを実現した。

ミッドに搭載される3.9リッターV型8気筒ツインターボに、ノヴィテックは「Nトロニック・コントロールモジュール」を搭載。ECUは新たに点火タイミングが最適化されたマッピングを導入し、電子制御ブーストプレッシャー・コントロールに変更を加えた。

この結果、ベースモデルの最高出力720psから、818ps(602kW)まで大幅にパワーアップ。最大トルクも903Nmを発揮し、0-100km/h加速は2.6秒、0-200km/h加速は7.7秒、最高速度は340km/hを超えるスペックを実現した。

「ノヴィテック・ハイパフォーマンス・エキゾースト」は、ステンレス製に加えてF1マシンでも使用されている超軽量素材のインコネル製をラインナップ。貴金属の24金メッキを使用したことで、エンジンベイ内の放熱性が大幅に向上する。オプションでバタフライバルブによるサウンドマネジメント・システムの装着も選択可能だ。

レーシーなヴォッセ製「NF10 NL」ホイールを装着

世界限定15台のワイドボディ仕様、ノヴィテックから「F8 N-LARGO スパイダー」がデビュー
スポーツスプリングにより35mmローダウン化され、足元にはヴォッセと共同開発された「NF10 NL」鍛造ホイールを装着した。

足元にはノヴィテックの公式パートナー、アメリカのヴォッセ(Vossen)社の鍛造ホイール「NF10 NL」を装着し、N-LARGOのアグレッシブなエクステリアを強調する。72種類のカラーバリエーショに加えて、オプションでサテン仕上げやポリッシュ仕上げも用意された。

足まわりにはノヴィテック製スポーツスプリングを装着し、ベースモデル比で35mmローダウン化。地下駐車場やちょっとした段差などでの扱いやすさを考慮し、ボタンひとつで車高を40mm上げることが可能な油圧式フロントリフトシステムを追加装着することも可能だ。このシステムはスイッチを2回押すか、車速が80km/hに達すると自動的に元のポジションに復帰する。

広範囲なカスタマイズが可能なインテリア

世界限定15台のワイドボディ仕様、ノヴィテックから「F8 N-LARGO スパイダー」がデビュー
コクピットは使用マテリアルやカラーを自由に組み合わせた、独自のカスタマイズが可能となっている。

これまでノヴィテックがリリースしてきたプログラム同様に、F8 N-LARGO スパイダーのインテリアも様々なカスタマイズが可能。カスタマーの好みに合わせて、レザー、アルカンターラ、カーボンなど、カラーや素材に拘った独自のコクピットを作り出すことができる。

ノヴィテック F8 N-LARGO スパイダーを動画でチェック!

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部