アストンマーティン×ボウモアのコラボが生んだ特製シングルモルトウイスキー

アストンマーティンこだわりの「黄金比」が採用されたウイスキーとは。ボウモアのマスターズセレクションが誕生

アストンマーティンとボウモアがコラボレーションして生まれたシングルモルトウイスキー「ボウモア マスターズ セレクション」。ボトル
アストンマーティンとボウモアがコラボレーションして生まれたシングルモルトウイスキー「ボウモア マスターズ セレクション」。
アストンマーティン ラゴンダは2021年11月8日、公式パートナーシップを提携している老舗モルト醸造所「ボウモア」とのコラボレーションシリーズとして「Bowmore Masters’ Selection」をリリースすると発表した。価格は税抜き300ドル(約3万3000円)で、英国、ドイツ、カナダ、中国など世界各国のマーケットで販売する。

アストンマーティンの美学をウイスキーづくりに反映

アストンマーティンとボウモアがコラボレーションして生まれたシングルモルトウイスキー「ボウモア マスターズ セレクション」。専用ボックス入りボトル
アストンマーティンとボウモアがコラボレーションして生まれたシングルモルトウイスキー「ボウモア マスターズ セレクション」は、アストンマーティンのマレク・ライヒマンとボウモアのマスターブレンダーのメッセージが入った特製ボックス入りで販売される。

アストンマーティンは2019年11月に、名門ウイスキー蒸留所「ボウモア」とパートナーシップを締結。英国を代表するラグジュアリー企業同士がタッグを組み、新しい製品やサービスをユーザーへ提供していくことを宣言した。

そのコラボレーションの結晶として今回誕生したのが、「Bowmore Masters’ Selection(ボウモア マスターズ セレクション)」。名門ウイスキーメーカーがアストンマーティンのために作ったシングルモルトスコッチだ。

今回のシングルモルト製造にあたり、掲げられたキーワードが「黄金比」であるという。アストンマーティンの流麗なスタイリングの秘訣として、常々エンジニアやデザイナーが口にするのが「黄金比」という言葉。自然界の様々なものの中に見つけることのできる1:1.618の比率のことで、人間にとって最も美しく感じられるバランスであると言われている。

「力強く、しかし優しい」味わいを実現

アストンマーティンとボウモアがコラボレーションして生まれたシングルモルトウイスキー「ボウモア マスターズ セレクション」。ボトルのアップ
アストンマーティンとボウモアがコラボレーションして生まれたシングルモルトウイスキー「ボウモア マスターズ セレクション」。21年熟成の原酒をベースに、35年の長期熟成原酒などをバランスよく配分することで、「力強く、しかし優しい」味わいを生み出した。

アストンマーティンの美学を構成する「黄金比」を、ウイスキーづくりにも採り入れたのが今回の「ボウモア マスターズ セレクション」。ウイスキーのキャラクターを形づくるのは、カスクの種類や熟成時間、そしてブレンドの妙。そこに黄金比を反映させたというボウモアのマスターブレンダー、ロン・ウェルシュは次のように説明している。

「今回我々はマレク・ライヒマンをはじめとするアストンマーティンの方々にインスパイアされ、他にはないフレーバーや最適なカスクの選択をし、理想のキャラクターを想像するためにそれぞれの要素に初めて黄金比を採り入れました。マレクと共に仕事を進めることで、私はウイスキーづくりを探求するための新しいレンズを手に入れました」

エンジニアリング的なアプローチに着想を得たことで生み出されたウイスキーには、ペドロヒメネス及びオロロソのシェリー樽(ファーストフィル)で21年熟成したベースを61.8%使用。残りに35年という長期熟成原酒をはじめ、稀少な要素を巧みに組み合わせることで完成した。結果、力強く、かつ複雑で、それでいてどこか甘く優しいという、非常に均整のとれたシングルモルトウイスキーが誕生したという。

ボウモア マスターズ セレクションは、アストンマーティンのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンとボウモアのマスターブレンダー、ロン・ウェルシュのメッセージが入った専用ボックスに収納。価格は税抜き300ドル(約3万3000円)で、英国、ドイツ、カナダ、中国など世界各国のマーケットで販売する。

ロレアート クロノグラフ アストンマーティン エディション

ジラール・ペルゴのロレアートにアストンマーティンエディション誕生! 188本限定の特別仕様

アストンマーティンとスイスの老舗高級マニュファクチュール、ジラール・ペルゴは、2021年10…

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…