2022年半ばから位置情報アプリ「what3words」がウラカンで使用可能に

たった3つのキーワードで世界中の位置情報を特定する「what3words」、ランボルギーニ ウラカンに導入 【動画】

3つのキーワードを音声入力すれば世界の秘境にも行ける、ランボルギーニ ウラカンに「what3words」を導入
位置情報アプリ「what3words」が導入されるランボルギーニ ウラカン。
ランボルギーニ ウラカンは、搭載するAmazon Alexaを介して位置情報アプリ「what3words」を音声入力で使用可能な初のモデルとなった。2022年半ば以降、ウラカンのオーナーは車内で「what3words」が展開する様々なサービスを使用できるようになる。

Lamborghini Huracan EVO×what3words

3つのキーワードで目的地を特定可能なアプリ

3つのキーワードを音声入力すれば世界の秘境にも行ける、ランボルギーニ ウラカンに「what3words」を導入
what3wordsアプリはiOSやAndroidに対応しており、3つの単語を入力するだけで、世界中のどんな場所でもピンポイントで正確な位置を特定することができる。今回、ウラカンに搭載されたAmazon Alexaを介して、サービスを使用することができるようになった。

2013年にクリス・シェルドリックによって、英国・ロンドンで設立された「what3words」は、精度の高い位置情報を提供するウェブサービス/アプリケーション。what3wordsアプリは、3つの単語を入力するだけで、世界中のどんな場所でもピンポイントで正確な位置を知ることができる。全世界をカバーしており、オフラインでも使用することが可能だ。

2022年中盤以降、ランボルギーニ ウラカンのドライバーは、たった3つの単語を音声入力することで特別なスポットや隠れた名所へ正確に向かうことができるようになる。

今後は音声操作が可能な「Amazon Alexa」をはじめ、自動車とドライバーやパッセンジャーのコミュニケーションは音声中心になることが予想されている。今回のwhat3wordsの導入は、最高のユーザー体験と革新的なテクノロジーを、スーパースポーツのドライビング体験と融合させる動きとなる。

アウトモビリ・ランボルギーニのコネクティビティ担当トップのルカ・ジアルディーノは、今回のwhat3words導入について次のようにコメントした。

「未来のモビリティには、最先端テクノロジーが必須です。だからこそ、ランボルギーニは『what3words』の導入を発表しました。ランボルギーニのドライバーは、音声による最もシームレスなナビゲーションを体験することができます」

音声入力に最適化された「what3words」

3つのキーワードを音声入力すれば世界の秘境にも行ける、ランボルギーニ ウラカンに「what3words」を導入
従来の住所は音声入力との親和性があまり高くないが、what3wordsであれば3つのキーワードを音声入力するだけで正確に目的地を特定し、向かうことができる。

What3wordsは、独自のユニークな位置情報特定テクノロジーを採用。地球を57兆個にも及ぶ10フィート四方の正方形に分割し、それぞれのマス目に3つの単語の組み合わせを割り当てている。例えば、ドライバーが「usual, trying, highs」の3文字を音声入力することで、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジが最もよく見える3メートル四方の場所に移動することができる。

what3wordsの共同創業者でありCEOを務めるクリス・シェルドリックは、音声入力に適したシステムのメリットを次のように説明する。

「従来の住所は、長く複雑なため音声入力にはあまり適していません。そして多くの場合、最高の景観には住所が存在していません。what3wordsとAlexaを組み合わせることで、ナビゲーションに最適なソリューションに加えパッセンジャーに最上級の体験を提供することができるでしょう」

「ランボルギーニ ウラカンのドライバーは、たった3つの言葉をwhat3wordsに発するだけで、人里離れた秘密の場所を探索したり、特別な会場のVIP専用入口を見つけたりすることができるようになるのです」

ランボルギーニだけでなく、メルセデス・ベンツ、タタ・モーターズ、ロータス、フォード、エルメス、キャビファイなど、多くのグローバル企業がwhat3wordsの技術を導入。what3wordsアプリは、iOSとAndroidの両方のプラットフォームで無料ダウンロードが可能で、オフラインでも複数の言語に対応。データ接続が不安定な地域での使用にも最適なアプリとなっている。

「What3words」を動画でチェック!

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部