ラドフォード、クラシックな趣を演出する「ブレモン」の機械式時計を採用

ラドフォード ロータス タイプ62-2、ブレモンの機械式時計を備えたインテリアを公開

ラドフォード、2基のアナログ時計を設置した「ロータス タイプ62-2」のインテリアを公開
ロータス タイプ62をインスパイアした「ラドフォード ロータス タイプ62-2」がインテリアを公開。
元F1ドライバーのジェンソン・バトンや、テレビパーソナリティのアント・アンステッドらによって復活を果たした英国のコーチビルダー「ラドフォード(Radford)」は、1969年製ロータス タイプ62を現代に蘇らせた「ロータス タイプ62-2」のクラシカルでありながらもモダンなインテリアを公開した。

Radford Lotus Type 62-2

機械式時計のブレモンとコラボレーション

ラドフォード、2基のアナログ時計を設置した「ロータス タイプ62-2」のインテリアを公開
英国の機械式時計の名門「ブレモン」による時計とストップウォッチが備わることで、ラドフォード ロータス タイプ62-2は21世紀の最新スポーツカーでありながらクラシックな印象も演出する。

ラドフォードは、英国・オックスフォードシャー州ヘンリー・オン・テムズに、マニュファクチャリング&テクノロジーセンターを新設。3万5000平方フィートのファクトリーにおいて行われた、時計メーカー「ブレモン(Bremont)」のエクスクルーシブ・ショーケースにおいて、ラドフォード ロータス タイプ62-2のユニークなインテリアを発表した。

ラドフォードは、カスタマーの要望に応じ、すべてをオーダーメイドで製作するというコンセプトを掲げており、世界的な英国機械式時計メーカー「ブレモン・ウォッチ・カンパニー(Bremont Watch Company)」と提携。精緻なアナログ時計をダッシュボードに組み込んでいる。

完全にオーダーメイドで作り込まれたインテリアは、軽量化を追求してきたロータスの哲学に敬意を表したもの。ブラックアウトされたウインドウティントや、Aピラー、ヘッドライナー、フロアライニングなど、随所にカーボンファイバーのアクセントが施され、スポーツカーとしての軽快さを表現した。そのキャビンの中心に、時計とストップウォッチという、2基の美しいブレモンの文字盤が設置されている。

オリジナルに加えられた現代的なエッセンス

ラドフォード、2基のアナログ時計を設置した「ロータス タイプ62-2」のインテリアを公開
オリジナルのロータス タイプ62のコクピットをベースにしながら、各部にカーボンファイバー製パーツを採り入れることで、現代的なエッセンスを加えている。

ラドフォードのオーナー兼デザイン担当であり、様々なメーカーでカーデザイナーとして活躍してきたマーク・スタッブスは、インテリアのコンセプトについて次のように説明する。

「私は常に『ハロルド(ラドフォード)ならば、どうしただろう?』と自問しています。私たちラドフォードは、オリジナルの意思を土台として受け継ぎ、さらに進化させています。今回発表したインテリアは、ロータス タイプ62であることを主張しながら、熟練したクラフトマンシップと、最高の素材が組み合わせられています」

 「例えばスイッチ類には、時計のボディと同じフライス加工とターニング加工が施されています。アナログディスプレイは、タイプ62-2の時代への美しいオマージュです。私たちは、お客様がドライブする喜びに100%集中できるようなコクピットにしたいと考えています」

あえて露出させたシフトリンケージ

ラドフォード、2基のアナログ時計を設置した「ロータス タイプ62-2」のインテリアを公開
囲まれ感のあるタイトなコクピットは、まるで1960年代のル・マンで活躍したプロトタイプレーシングカーのような趣を持つ。マニュアルトランスミッションのシフトリンケージは、あえて露出させている。

インテリアデザインの特徴は、ドライバーのショルダー部の後方から現代的なスクリーンディスプレイ周辺まで、車内を一周する美しいスイープラインにある。このキーエレメントは、貴金属からカーボンファイバーまで、カスタマーの希望にわせて自由に仕上げることが可能だ。

ドア開口部は、オリジナルのロータス タイプ62のデザインを踏襲しており、ハイシルとカットアウトされたルーフが目を惹く。シートに身を沈めるとガラスとの密着度が高く、ドライバーはまるでル・マン24時間レースを戦うプロトタイプレーシングカーのコックピットにいるような感覚を得ることができるだろう。

マニュアルトランスミッションのシフトリンケージは完全に露出させたデザインを採用。これは「最後のマニュアル車」として、過去へのリスペクトを表現しているという。コンソール上の「スタート/ストップ」ボタンは、ダブルダックテールのエクステリアと同じデザインモチーフを採用している。

「すべてはドライバーを中心に考えられています。ドライバーがクルマに乗り降りするときの感覚がとても重要なのです。ドアを開けて乗り込みインテリアに身を滑り込ませると、シートがあなたをしっかりと掴んでドライブを促してくれるでしょう」と、スタッブス。

Bluetoothに対応したメインスクリーンを採用

ラドフォード、2基のアナログ時計を設置した「ロータス タイプ62-2」のインテリアを公開
リヤウインドウを持たないラドフォード ロータス タイプ62は、リヤビューカメラを採用。Bluetoothにも対応しており、メインモニターを介してナビゲーションやオーディオを楽しむこともできる。

現代的なデジタルスクリーンは、専用設計されたユーザーインターフェースを採用。それぞれの仕様ごとにカスタマイズ可能となっている。また、コックピット内には3基の小型スクリーンが備え付けられており、両サイドにサイドビューモニターが1基ずつ、ウインドウ上部にはリヤビューカメラ用スクリーンが配置された。

外部カメラはフェンダー上の小型ウイングミラーと、リヤセクションに組み込まれている。このカメラによって、ドライバーは周囲の状況を的確に確認することが可能となっている。また、マグネット付きの携帯電話用ドックとワイヤレスシートチャージャーも設置。ドライバーは、Bluetooth接続することで、ナビゲーションやオーディオを楽しむことができる。

ロータス・エンジニアリングによる完全協力、現代に蘇ったラドフォードが「ロータス タイプ62-2」を公開

ロータスの協力のもと、現代に蘇ったラドフォードが「ロータス タイプ62-2」を復刻・公開!

元F1ドライバーのジェンソン・バトンや、テレビパーソナリティのアント・アンステッドらによって…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部