フェラーリ GTC4 ルッソ・ベースのオーダーメイド仕様「BR20」登場

フェラーリの最新ワンオフプロジェクト「BR20」デビュー! 1950~60年代をオマージュ

フェラーリの最新ワンオフプロジェクト、1950~60年代をオマージュした「BR20」デビュー
フェラーリの「スペシャル・プロジェクト」最新作、「BR20」のエクステリア。
世界に1台だけのフェラーリを製作するフェラーリの「スペシャル・プロジェクト(SPECIAL PROJECTS)」が、GTC4 ルッソをベースとしたワンオフモデル「BR20」を公開した。カスタマーが希望する仕様に合わせて製作され、独自の要求を明確に表現するためにデザイン。唯一無二の完全なオーダーメイドカーとなる。

Ferrari BR20

410 SAや500 スーパーファストをイメージ

フェラーリの最新ワンオフプロジェクト、50年代・60年代のをオマージュした「BR20」がデビュー
410 SAや500 スーパーファストなど、1950年代から1960年代のフェラーリ製クーペをイメージしながらも、モダンなエクステリアが完成した。

BR20は、GTC4 ルッソをベースに開発された2シーターV12クーペ。その哲学とスタイリングのアプローチは、1950年代から1960年代のフェラーリ製クーペをイメージしながらも、いたずらにノスタルジーは追求していない。

410 SAや500 スーパーファストなど、フェラーリの歴史の中で最も象徴的な12気筒エンジンモデルのスタイリングテーマをさりげなく採り入れ、時代を超越したエレガンスとマッシブなスポーティさを融合させるという難題を見事にクリアしたモデルに仕上がっている。

GTC4 ルッソのリヤシートを取り外したことで、洗練されたファストバックラインにさらなるダイナミズムを加えている。また、リヤオーバーハングの形状を変更したことで、オリジナルモデルよりも3インチ長くなり、プロポーションを強調したシルエットを実現した。

GTC4 ルッソをベースに2シーターへと変更

フェラーリの最新ワンオフプロジェクト、50年代・60年代のをオマージュした「BR20」がデビュー
今回、ベースモデルに選ばれたのは2+2の「GTC4 ルッソ」。リヤシートを取り外したことで、アグレッシブなエクステリアに変更することが可能になった。

このワンオフモデルのデザインプロセスでは、2+2のキャビン容積を大幅に変更することが重要なポイントとなった。これにより、フラビオ・マンゾーニ率いるフェラーリのデザインチームは、革新的なプロポーションを自由に描くことが可能になった。その結果、パワフルでありながらスタイル的にも一貫性のあるエクステリアデザインが誕生している。

エクステリアデザインのポイントは、Aピラーからリヤスポイラーまで縦に伸びる一対のアーチ。アーチ後端を空洞化することでエアロダイナミクス・チャンネルを形成し、エアアウトレットはスポイラー下部のブラック・リヤフェイシアに隠されている。

フェラーリ伝統のデザインテーマである「フライング・バットレス」を現代風にアレンジしたこのデザインは、599GTBフィオラノのようにBR20の特徴的なスタイリングとしっかり結びついている。キャビンは視覚的に軽くするためルーフをブラックペイント。これにより、ウインドスクリーンとリヤスクリーンを視覚的に結びつけ、リヤテールゲート表面上にエアフローを作るように効果を持たせている。

マッシブなリヤバンパーはアグレッシブなエクステリアと完璧なマッチングを見せる。そしてツインテールライトはテールパイプと視覚的な対話を生み出し、テールパイプは低く、アンダーボディに設けられたアクティブフラップ付きディフューザーにセットされた。ツインラウンド・エキゾーストチップもBR20のために専用設計されている。

エクステリアを引き締めるカーボン製コンポーネント

フェラーリの最新ワンオフプロジェクト、50年代・60年代のをオマージュした「BR20」がデビュー
ボディ各部にカーボンファイバー製コンポーネントを配したことで、エクステリアにダイナミックな印象を与えることに成功している。

カーボンファイバー製ディテールは、BR20のエッジの効いたダイナミックな動力特性とパワフルなパフォーマンスを際立たせる効果が与えられた。高くてしなやかなシルはボディ側面下部に動きを与え、ホイールアーチ上のフロントエアベントを強調。ワイドなフロントグリル上部にはカーボンファイバー製エレメントが装着されており、スペシャル・プロジェクトによって開発されたワンオフモデル・シリーズとスタイルの統一が図られた。

さらに個性を際立たせるために、フロントグリルには新たに水平方向のスラットを採用して立体感を強調。BR20のために専用デザインされた中でも最も印象的なのがヘッドライトだろう。ベースとなったGTC4 ルッソと比較してヘッドライト位置が低くなり、デイタイムランニングランプがスリムになったことで、ボンネットがより長く、よりスマートになった印象を与える。

足元のダイヤモンド仕上げトーン・オン・トーン・20インチホイールも、BR20ために製作された。

2色のレザーとカーボンを組み合わせたインテリア

フェラーリの最新ワンオフプロジェクト、50年代・60年代のをオマージュした「BR20」がデビュー
2シーターに変更された囲まれ感のあるコクピットは2色のブラウンレザーとカーボンファイバー製コンポーネントを組み合わせた。

インテリアは、カスタマーからの要望に応じて新規開発された2色のブラウンレザーとカーボンファイバー製コンポーネントが絶妙に組み合わせられた。シートにはダークブラウンのヘリテージ・テスタ・ディ・モロ・レザーを使用。また、専用パターンとシルバーのクロスステッチが施されている。

ウインドスクリーンからリヤのラゲッジルームまで途切れることのないキャビンボリュームは、独特の軽やかな印象をパッセンジャーにもたらしている。リヤベンチとラゲッジデッキには、カーボンファイバーを使用したオーク材のトリムが施されており、フラットにするとより深いラゲッジスペースが確保できる。

合わせて読みたい
フェラーリ 296 GTBのフロントスタイル
フェラーリ 296 GTB、本邦初上陸! 現代版ディーノのディティールに迫る

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部